ここから本文です

御成敗式目と武家諸法度と公事方御定書 それぞれどう違う?

gom********さん

2011/1/216:18:06

御成敗式目と武家諸法度と公事方御定書 それぞれどう違う?

この3つって、テストに出るとき(高校受験)どのような出され方をしたらどれで、どのような出され方をしたらどれかって言うの一発でわかるフレーズみたいなのありますか?

あと、具体的にこの3つは何がどう違うのでしょうか。お願いします(◞‸◟)

閲覧数:
811
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

abe********さん

2011/1/216:47:39

御成敗式目は鎌倉時代三代執権北条泰時が定めました。武家政権が成立して領地を中心に訴訟に対応する公正な裁きを行う為に制定されました。
武家諸法度は徳川家康が豊臣氏を滅ぼし諸大名を統制する為に制定しました。
参勤交代や一国一城制など徳川氏に忠誠を誓わせ大名の力を削ぐ事になりました。
公事方御定書は八代将軍徳川吉宗の時代に南町奉行大岡忠相が定めました。これは判決が公正に行われるように過去の判例に基づくき奉行により偏りがないように行われるように定めました。

質問した人からのコメント

2011/1/8 21:57:23

感謝 ありがとうございます☆

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる