ここから本文です

赤外線カメラって昼間撮ると服が透けてしまうっていうのは本当でしょうか? また...

sagawakoteさん

2011/1/713:20:54

赤外線カメラって昼間撮ると服が透けてしまうっていうのは本当でしょうか?
またどの程度透けてしまうのでしょうか?
ほんとだったら恐くて街歩けないですね!
知ってる方いらっしゃっいますか?

補足そんな話生まれて初めてしりました・・・

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
480,853
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

voyeur_1919さん

2011/1/822:30:40

みなさんおっしゃること間違ってはないですが、必ずしも正しいとは言えません。

確かにヤラセも多く、世間で言われるほどは透けませんが、実際10数年前にソニーのナイトショット(赤外線撮影機能)が社会問題になり、日中赤外線撮影ができなくなりました。逆に言うと規制前モデルだとある程度は透けます。もしくは知識があれば透けるように改造できます。

ただ、透け透けカメラなんて言うほどものではなく、昔の古い競泳水着の濃い色(よく白が透けるとかいう人がいますが、赤外線は逆です)で水に濡れて密着してる状態だったら透けます。あと、夏場のごく薄い濃色系のスカートやブラウスも透けます。
と言っても下着が見える程度ですがね。

肉眼でも白のブラウスやスカートは透けやすいのは経験上知っていると思います。ですので着る方も警戒しますし、作る方も対策をして作ります。それに対し、濃色系は透けないという安心感があり警戒も薄く、作る方もより薄い生地を使ったりしています。
ですので、赤外線で透けるかどうかを判断するとき、「この生地が白だったら透けるかどうか?」を考えて対策すればいいでしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「赤外線カメラ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

the1959さん

2011/1/719:48:49

sagawakoteさん

まず…

光に「波長」というのがあるのはご存知ですよね?

可視光線で波長が一番長いのが赤、短いのが紫で、赤より波長が長いのが赤外線、紫より短いのが紫外線です。
赤外線の中でも、比較的波長が短めの、赤に近いのを近赤外線、波長が長めで赤と遠いのを遠赤外線と呼び、体温を捉えたり加熱調理に使うのは遠赤外線、赤外線カメラで写るのは近赤外線です。

そして…

例えば、青セロハンは、青い光は通すけど、赤などの光は通しません。逆に、赤セロハンは、赤い光だけ通します。
もちろん、透明なセロハンは全ての可視光線を通すし、黒い紙は可視光線を一切通しません。

それと同じように、可視光線と赤外線は波長が違うので、中には、可視光線は通さないけれど赤外線は通すような物質もあります。
そんな物質で服を作ったら、赤外線カメラで撮ったら裸同然になります。

理屈はそうですが…

セロハンのような平らなシート物なら、光が通ることは向こうが見えることを意味しますが、服は細い繊維の集まりなので、材料が透明でも乱反射で白く見え、向こうは見えません。

ということで…

薄くて肌に密着する水着などは、透けた感じに写る可能性がありますが、普通の服が透けて見える心配はありません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

rera_xtさん

編集あり2011/1/716:57:24

服で赤外線を反射しないものだと、赤外線が服を通過して肌で反射するので透けたように見える場合があります。

ただし、ビデオカメラでのナイトショットでは昼間には使えないよう規制がかけられています。以前に昼間でも使える機種で盗撮、配布したことで刑事事件となり、メーカーが自主規制を行うようになりました。

一般的なカメラで赤外線フィルターを使う方法もありますが、光の量が少なくなるのでまともに撮れない場合があります。たいていの物だとぼやけてしまい、詳しく内部を見ることはできません。

盗撮自体は都道府県の条例によって禁止されていて、違反すれば逮捕、処罰されます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pitchon99さん

編集あり2011/1/714:49:38

嘘です。
それこそレースやシルクの薄い下着程度なら、見かけのコントラストが上がるので、見えるかもしれませんが、そういう状況なら目で見ても透けて見えているはずです。
つまり見えている状況をよりハッキリさせる程度の事しか出来ない、と言う事です。
普通の服等でそんな事はあり得ませんし、白い水着でも裏地がちゃんと有る物は透けたりしません。
しかもすべて白黒画像で、正常な色合いのカラー写真では有りません。

かなり昔の一時期、投稿雑誌等でそういう微妙に透けた様に見える写真がたくさん出たので、そう思う人が居るのでしょう。まあそれもほとんどの場合雑誌の売り上げを狙った「やらせ的写真」だったと思います。
最近は携帯電話に付ける赤外線フィルター等をものすごい高値で売っている業者も居る様ですが、それに紹介されている写真等もまず間違いなく売り上げを得る為の「やらせ」です。

ですので、回答としては「嘘」でほとんど都市伝説に近い情報です。

アバター

ID非公開さん

2011/1/713:55:35

赤外線が 透視光線の様に誤解したらそう思うのでしようが
要するに熱が有る人体が熱の域の赤外線をとらえる意味では
薄着だと身体のライン位は判別できる画像は得られるでしょうが
透視した様に◯◯写るものではないですよ。
日中なら体温より反射する太陽光に含まれる赤外線の方が強く
心配するようなことは起きないと思いますよ?

stream791031さん

2011/1/713:23:05

えーーーw(゚o゚)wそんなバカなーーまじですかー?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。