ここから本文です

TOEFLのibtとPBTとitpの 違いは何ですか? とりあえずitpの テキストを買ってや...

m26a19yさん

2011/1/1023:06:15

TOEFLのibtとPBTとitpの
違いは何ですか?
とりあえずitpの
テキストを買ってやって
いるんですが何を
一番やったらいいですか?
教えて下さい.

補足すごく詳しくほんとに
ありがとうございます.
では、TOEFLITPとTOEFLiBTとの違い。というより
TOEFLITPは何ですか?
何どもすみません

閲覧数:
115,526
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ptgetterさん

編集あり2011/1/1114:26:02

TOEFLはアメリカの大学に入学するときに求められるアカデミック英語判定試験です。

アメリカのETSという試験機関が全世界に提供している試験ですが、長い間にテストの形式が時代に合わせて変化しました。
PBT(paper-based test)ペーパー版の筆記試験→CBT(computer-based test)パソコンを利用した試験形式→iBT(interne-based test)ネットを利用してオンラインで受ける試験、という流れです。
日本国内ではもうiBT形式の試験しか受験できません。
が、PBT形式の時代がとても長かったので、点数表記はいまだにPBTを利用されている場合が多いです(677点満点)が、iBT試験の満点は120点満点(読み・書き・聴き・話すの各分野30点満点)です。

TOEFL ITPは「団体用試験」です。過去のPBT形式(筆記形式)の試験を再利用(リサイクル)して、いろいろな団体(学校や会社など)が所属員の英語力を判定するために利用しています。つまり、公式なものではなくその団体の中でのみ点数の結果が利用されるのです。大学の交換留学制度の内部選考資料として利用されるケースもあります。

iBTは従来の試験形式と比べて、形式の変化だけでなく従来の試験にはなかった「speaking」分野が含まれるため、日本人にとってはかなり手ごわい試験になっています。

もし、英語圏の大学に留学を考えているなら、TOEFL iBT用の参考書を利用するほうが間違いありません。
あなたが所属する学校内でITPを受ける(それ以外には利用しない)というなら、ITPの勉強でも良いですが、実際の留学時には必ずiBT(公式試験)の結果を求められると思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「toefl ibt pbt 違い」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

eigogaku2さん

編集あり2011/1/1023:33:09

http://www.cieej.or.jp/toefl/toefl/index.htmlより、
•「読む」「聞く」「話す」「書く」の4セクション構成
•テストセンターで1人1台コンピュータが割り当てられ、
全セクションコンピュータ上で受験
•テスト所要時間:4-4.5時間
•全セクションでメモをとること(Note-taking)が可能
•Speakingセクションでは、マイクに向かって話し、音声が録音される
•スコアの充実
(点数に加え、「スコアの持つ意味」の解説 (Performance Descriptor)も示される)
•同時に複数の技能を測定する問題(Integrated Task) がある
(SpeakingセクションとWritingセクションのみ)

internet based testの略だったかしら。
日本ではもうPBT(マークテスト式)はやってないみたいですね。


*補足
すみません見落としてました。
こんなのありました(http://allabout.co.jp/gm/gc/58013/)。
>団体受験用のTOEFLテスト。PBTで以前出題された過去問を使用しており、スコアは公的なものではない。主に大学内でのクラス分け・単位認定や、留学プログラム参加者の選抜に使用されている。
ですって。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。