ここから本文です

カーボン・アルミフレームの寿命について

nom********さん

2011/1/1222:33:29

カーボン・アルミフレームの寿命について

カーボンはだいたい寿命は5年程度(乗れないこともないのでしょうか?)と聞きましたが、アルミはどれくらいなのでしょうか?
ロードバイクの購入を考えていてそのことが気になりました。
また、約20万円のフルカーボンフレーム(FELT F5)
約15万円のアルミフレーム+カーボンフォーク(FELT F75)
ではどちらの方がよいでしょうか?

閲覧数:
13,587
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ray********さん

2011/1/1308:45:59

カーボンと一口に言っても、メーカーによって設計や材料の違いがあり、またユーザーの使用頻度によって違うので、一概に何年という事は言えないと思います。


しかし、仮に、無事故で同じ保管条件・使用条件だとすると、材料の特性上カーボンの方が長持ちすると思われます。


疲労破壊という言葉をご存じでしょうか。

アルミニウムは繰り返し発生する力を材料内にため易く、時間が経つと疲労破壊を起こしますが、それに比べるとカーボンはため難い性質を持ち、条件が同じならば後者が長寿命と考えられます。


私の経験ではありますが、ジャイアントのアルミバイクは7年近く乗っておりますし、2007年に購入したカーボンフレームはレースでの使用・練習中の事故多数ですが、運良く未だにフレームの破損には至っておりません。



次にFELTのフレームについて、構成部品の比較をすれば、フレームの性能を金額で表す事ができます。

例えば、F5とF75のホイール・変速機その他諸々の部品が全く同じものだった場合、差額の約5万円が単純なフレームの価格差になります。

見たところ大体同じパーツアッセンブルだったのでF5の方が5万円分くらい良い性能を持つ言う事ができそうです。


後は、フレーム素材によって乗り味が変わります。

一般に
アルミは固く、カーボンはアルミより軟らかいという傾向にあります。固いバイクは漕いだ時の力を推進力に変えやすいですが、地面からの衝撃吸収性は劣ります。カーボンはその逆と考えて良いと思います。


とは言ったものの、自分を含む一般のユーザーにそんな脚の力は無いと思うので、疲れにくさという観点でカーボンを推します。

地面からのアタリは長距離ほど、クるものです。

質問した人からのコメント

2011/1/18 17:13:18

降参 皆様、詳しい回答ありがとうございました。
とても参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

man********さん

2011/1/1321:46:06

寿命ねぇ…

何を持って寿命とするかですね。
どこかが折れたり割れたりしたら寿命?
だったら今時のカーボンフレームは5年じゃ壊れないと思いますよ。

それもフレームそのものの設計や使い方でずいぶん変わってくるとは思いますけどね。

私自身、TIMEのカーボンフレームに乗ってますがすでに5年は経過しています。
まったく問題なく乗れています。

アルミのフレームも使い方次第ですが、5年で壊れる事は無いと思われます。
これもフレームの設計によって、使い方によって変わってきますよ。


概して高額で超軽量なフレームの方が寿命は短いです。
なぜなら、軽量であるってことは使ってる材料が少ないことです。
つまり、高額超軽量フレームでは、極少の材料で支えている→パイプ類は大きな応力にさらされているんです。
だからデリケートだし、寿命もそれほどもたない。

カーボンも過大な応力によって繊維が徐々に破壊されますし、繊維同士をまとめてるエポキシ樹脂との界面剥離
が発生して性能を落としていきます。

脚力のある選手が練習で毎日使い続けたり、レースでもがいたり、そういった使い方を続けたら寿命は意外に早くやってくるかもせれません。


カーボン繊維自体の性能も上がっていますが、樹脂の性能もとても高くなっています(添加材などもいろいろ…)。
なので、5年前のフレームと今年のフレームだったら、耐久性が全然違うでしょう。

20万円クラスの完成車のフレームなら、重さはあまり気にしてないのでデリケートなフレームではないはずです。
寿命の事はあまり気にしなくて良いと思います。

F5とF75のどちらを買うか?
私なら迷わずF5にしますよ。
長距離走るにはカーボンの方が楽ですから。

pre********さん

2011/1/1301:53:49

逆に聞きたいです。カーボンって5年しかもたないんですか?びっくりと言うか、持ってるのでショックです。。
なんの情報なんでしょう?根拠は?

cal********さん

2011/1/1223:29:15

正直、安価なカーボン車でも、直射日光のあまり当たらない室内での保管で、転倒や落車等でも無ければ、5年で走行不可にはならないと思いますよ。ただ後は、私的な考えなので不快ならすみませんが、カーボン車は正直、イベントならともかく、レースには出るつもりが無い、趣味レベルでの使用なら、「カーボン車は必要かな?」と思ったりもします。

soc********さん

編集あり2011/1/1223:40:15

どっちがいい?と言われたら、まあカーボンだよね。最近のカーボンは同じ重量のアルミよりタフです。(というかアルミが無理しすぎ)

アマチュアなら転ばなければ10年以上保ちます。自転車買うのに寿命のことは気にしないほうがいい。昔、「一生モノ」と信じてカザーティやチネリを買った人も、寿命来る前にパーツ規格が変わって泣いてるんで。

キャノンデールで自転車作ってるエンジニアは「近いうちにロードバイクも油圧ディスクブレーキになるから」とか言ってますからね。
ディスク化するとチューブラーなら100gのリムが使えるとか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる