ここから本文です

京の五摂家について。

yoh********さん

2011/1/1721:25:15

京の五摂家について。

かつての京の公家の中で、近衛家、一条家、二条家、九条家、鷹司家の5家のみが、摂政の位に着ける「五摂家」と呼ばれていたのは、何故なのでしょうか?

例えば、三条家や四条家、六条家や冷泉家は、何故、摂政に着けなかったのでしょうか?

閲覧数:
823
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oos********さん

2011/1/1800:39:19

藤原道長の嫡流子孫である御堂流が摂政・関白を独占するようになりました。
この子孫の系統で摂政関白になった人物が家を興し独占していくようになり五摂家が確立した頃から家格が決まり摂家以外からの摂政関白には就けなくなりました。

摂家以外の家(例に挙げられた三条家や四条家など)は家を興した人物が摂政関白についていないために摂家に入る家格を持たなかったためです。

御堂流の藤原忠通の嫡男・基実が急死し子の基通が幼少のため、弟の基房が摂関の地位を継ぎ家を興す。

御堂流の嫡流である基実の家系が近衛家、弟の基房の家系が松殿家
松殿家は基房の子・師家が摂政になって以降はその後が続かず絶家となる。

基通・基房が戦乱によって失脚、基実・基房の弟・兼実が関白となり九条家を起こす。

近衛家から兼経の弟・兼平が摂政に成り、鷹司家を起こす。

九条家から教実の弟・良実が関白に成り、二条家を、教実・良実の弟・実経が関白に成り、一条家を起こす。

質問した人からのコメント

2011/1/18 06:35:39

成功 早速の的確な回答ありがとうございました。源流に遡らないと、ですね。理解です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる