会社の会長の葬儀を社葬として行う場合、社員は香典を出さなくてもよいのでしょうか。御教示ください。

会社の会長の葬儀を社葬として行う場合、社員は香典を出さなくてもよいのでしょうか。御教示ください。

葬儀33,238閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

4

社葬の行い方によります。ですから会社ごとに異なります。 大会社などの社葬では、社葬前にその家の葬儀が行われるのが通常ですが、その際に故人に世話になったり義理のある社員さんは香典を包んで弔問・改葬しています。この場合、後日の社葬は会社としての行事であって取引先等の改葬を受けるものであって、社員は主催者側で社命による業務として社葬の業務を分担します。受付・接待・交通整理・裏方作業など役割分担をします。その中に、焼香客が切れないように何度も焼香の列に並ぶ役目の係りとしての社員さんなどがいることもあります。 なお、個人企業的な会社の場合には、喪家の葬儀と社葬とを合体させた形で社葬として行うケースもあります。費用負担区分が税務上生じるだけで、両方を兼ねた葬儀ですから一般の会葬者として弔問・焼香に伺う社員さんは香典を当然に包むことになりますし、特に会葬するような関係ではない社員さんで業務として社葬に従事しただけなら香典までは包まないでしょう。 社葬のあり方、位置付けによって異なります。

4人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

香典辞退の場合でないときは、社員も香典を包みます。 社葬でも香典は遺族にいくことが多いですから。 ただ、包みかたは会社に確認を。 個人で包むのか、社員一同としてまとめて包むのかは会社によってちがいますから。

1人がナイス!しています