ここから本文です

デザイナーの方に質問

nne********さん

2011/1/2422:10:10

デザイナーの方に質問

私は在宅デザイナーをしています。

知り合いや友人から、デザインの仕事を頼まれることが多くて困っています。
困っているというのは、
「知り合いなんだからもちろんタダでやってくれるよね!?」
っていう空気があって
(特に男の知り合いや友達はみんなそんな感じ)
すっっごい嫌です。

(もちろんちゃんとお金を払って依頼してくれる知り合いもいるのですが・・1万程度。笑)
断ったり、値段を提示したりすると、
『なんだこいつ、友達のくせにケチだな』みたいな顔をしながら
「あっそうなんだー」とか言われます。
ああ嫌だ。

結局今、ちゃんとした(お金になる)仕事の他に
会報誌ふたつ、チラシ3つ(うちひとつは両面カラー)が進行中。
仕事も忙しいのに。

デザイン料なんて、一般人はほとんど知識がない上に
ちょちょっとできちゃいそうなイメージがあったり、
まだ若いからなめられてるのかもしれないんですが
こういう時何て説明してますか?
「ボランティアはやってないんですよ~」
とか言えない雰囲気です。


自殺防止の講演会のチラシとか・・
大して仲良くもないオジサンが、他の人と話してる所に割って入ってきて
「あっ、○○○さん、これなんですけどね、今度○○で講演会を企画してましてね。
○○大学で○○の研究をしてる偉い先生を招こうと思ってるんですよ。
それのチラシをお願いしたいんです。」
みたいなことを言って原稿らしきものを押しつけて行きます。
「今忙しいんで4週間ぐらい先になります」と言うと
「えっ・・会は2週間後なんですよ・・(こっちの目を見ながら沈黙が1分続く)」
「・・・・・・・あーじゃあなるべく早めにやってみますね・・」
(こういうこと言ってくる人は大抵納期が超短い)

ああ嫌だ・・・・(><)だれかいい解決法を教えて下さい・・
たすけて・・

補足>それはキチンと説明できていないあなたに責任があります。
相手がどう説明したら納得するのか、具体的に教えてほしいです。

閲覧数:
4,662
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mee********さん

編集あり2011/1/2514:11:42

副業でイラストレーターしてます。Web制作もすこし。

そういうの困りますよね~

ただ、在宅とはいえ個人事業主は社長ですからなめられたらおしまいです。仕事なのですから勇気を持って断りつづけるしかないです。個人としてではなく、社長として責任ある毅然とした態度も必要です。

友達なのになんていう、公私混同な人は友達ではありません。自分の周りを、もっとよい人間関係で満たすにはダメなものを切り捨てるシビアさも必要。暇だったらやる、ではいつまでも状況は変わりません。そういう状況を招くような言葉や態度はご法度だと思います。

私は依頼されたら「ではお見積書を作成しますから、詳細をお願いします」と切り出します。

つまりお金の話抜きには次が話せなくなるようにします。
何人か友達いなくなりましたが後悔してません。

追加
>>それはキチンと説明できていないあなたに責任があります。
>相手がどう説明したら納得するのか、具体的に教えてほしいです。

私の場合、私自身が独学で、お客さんも知り合いの知り合いだったり、会社の社長(不動産会社です)の知り合いで、皆さんWEB制作の価格等は知らない人たちです。
私は「見本」を用意しています。「松竹梅」的な、分かりやすい差がある見本です。
松コースは、WEBデザインも凝っていて、ボタンやヘッダー画像などもおしゃれでFLASHが1個あって、という感じ。
梅は、素材がほとんど使われていない、さびしい感じです。
頼む人は素人さんだからわからないのであって、説明を言葉でするよりも、見本を見せる方が分かりやすいのでは?と思いました。
目で見て差がわかれば、「これだけのステキなデザインを頼むには、このくらいのコストは仕方ないか」と思ってもらえやすくなるようです。
作り方としては、「梅でいい」って言われないように、松を引き立たせる、絶対松で契約をとるつもりで。

>若いからなめられる
若さのせいにしては、進歩ありません。20代の社長さんだって、世の中にたくさんいます。
私もかなり勉強した方法が、ビジネススキルの本などです。特に営業クロージングの指南書は読んでおいたほうが良いです。クロージングとは、相手に価格と商品がつりあうと納得させ、契約書にサインをさせ、お金を払ってもらう同意を得る、営業の最終段階です。これが欠けていると、いつまでも今のように、お金の取れない雑務ばかりです。

質問した人からのコメント

2011/1/25 19:12:54

降参 みなさんありがとうございました。為になりました。
見本や料金の表を作って持ち歩くようにしようと思います。
JAGDAのサイトも、教えて頂けてすごく助かります。
ちなみに解決しちゃうと聞けないのですが・・つまりみなさんは「友達価格は皆無」ということなのでしょうか・・? どっちにしてもなんだか気が重い・・はあ・・

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ose********さん

2011/1/2517:18:57

kuririn_no_hageatamaさんと同感です。

友達価格という言葉があるようですが、それでも限度がありますよ。
「ぼくガンなんだけど、君医者だから1万円で治療してよ」
と頼まれたら受けますか?
仕事に命をかけているのでしたら、その熱意を伝えなければなりません。
そう、伝えること「コミュニケーション」があなたの仕事なのに
できていないなら、ちょっと(大?)問題です。

座ってパソコンいじって、いいデザインができれば
いい客がいい値段で。。。という妄想は捨ててくださいね。
ちなみに関西人と仕事するとわりかしいい感じです。
初っぱなから「やすうしたってぇな!」ですから。笑
逆にこういうものは私のところでは普通こういう値段です。
と言えますからね。納得できなければ「他さがすわ」で終わりです。

他の方のお答えの通り「クロージング」も
プロというか社会人にとっては必須でしょうね。

中国人が日本で買い物をするととても喜びます。
対応はいいし、最初から値引きしてあるから!だそうです。
通常は値段交渉をして折り合いがついたら購入です。

日本は恵まれすぎだと思いましたね。

他の質問でも多いのがデザイン費についての質問です。
コレについてはJAGDAが結論を出しています。
JAGDA 製作料金算出方法
http://www.jagda.org/designfee/cf_fee.html
クリエーション関係の費用算出方法は上記リンクを参考にしてください。
金額が高いなと思われる場合、
「こういう算出方法では?」という質問をお願いします。
私は日本でもっとも影響力のある団体が決めたものですので、
問題ないと思います。要は「理論武装」です。

プロのクリエーターは医者や弁護士等「士業」と同じです。
ですから私の基準では時給にすると1万円です。
よって1万円で受けた仕事=1時間で完全終了しなければならない。です。
どうです?わかりやすいでしょ。

その道を究めた者として、正しい行いをお願いします。
そして、後に続く若手の見本となるよう、精進しましょう。

kur********さん

2011/1/2500:41:39

フリーのデザイナーをしております。

あなたのような方がいるのでデザイン業はなめられます。
私のまわりにもそういう方はいます。

デザイナーが何なのかという以前に、仕事とは何なのかということを今一度見つめ直してください。

デザイン料なんて、一般人はほとんど知識がない上に
ちょちょっとできちゃいそうなイメージがあったり、
まだ若いからなめられてるのかもしれないんですが
とありますが、それはキチンと説明できていないあなたに責任があります。


友達だからお金を払わないということはあなたの友達はみんな泥棒です。
一生懸命作ったものを横取りしているわけですから。


デザインで仕事を続けていくのならある程度の最低金額をきめてください。
ネットで調べれば他のデザイナーがどれぐらいの金額を提示しているかわかります。

それができない場合はプロとは絶対に言わないでください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる