ここから本文です

「…トンネルを抜けるとそこは雪国であった」この文ってどこが凄いんですか?

soundmax777さん

2011/1/2519:24:32

「…トンネルを抜けるとそこは雪国であった」この文ってどこが凄いんですか?

川端康成の雪国より

有名ですよね

閲覧数:
158,633
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuuichiさん

2011/1/2618:43:56

まずお説教から。文章の凄さというものに関心をお持ちなのなら、一字一句までおろそかにせず、きちんと読んでください。
「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」あなたがお書きのように「そこは」と入っていると、ここで余計な間(ま)が生じて文章がだれてしまいます。こういうことが大切なのです。このあとも作者は「夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。」と立て続けに短く簡潔な文を連ねていって、ここも見事なのですが、このあたりに関しては、過去の知恵袋によい回答を見つけたので、そちらにお任せします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313645443

というわけで、この冒頭は、ここだけ取っても見事なのですが、小説全体を読んだ後で、また読むと、なんとこの小説で描かれている世界の構造(などと言うとえらく大げさになってしまうのですが)を、一言で言い表していることに気付かされます。主人公で視点人物である島村という男は、ふだんは東京で妻子とともに暮らしています。そしてときどきトンネルの向こう側の雪国へ行って芸者駒子と過ごす。東京と雪国との間は切れていて、その間にかかわりはありません。東京が日常の世界だとすると、雪国はいわば異世界であるわけです。ファンタジーの小説や映画には、日常の世界から、洞窟やクローゼットなどトンネル状のものをくぐって、異世界へと入ってゆく行為がしばしば描かれますが、雪国の冒頭にも私は同じものを感じます(と考えると、たんなる「トンネル」であるより「長いトンネル」である方が、効果が高くなることにも気づきます)。

質問した人からのコメント

2011/1/27 21:19:08

降参 あなたの言うとおりでした。説教身にしみました
こんないい文章が続いていたとは・・・。そういう意味があったんですね
他の皆様の回答も参考になりました

「雪国 川端康成」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/1/2523:28:56

回答というより感想ですが…

一つは、明暗という点。
トンネル→暗
雪国→明
色としては黒と白となりますか。この文の持つ視覚的な鮮やかさ。柳宗元の江雪に通じるような、白と黒という彩りのない世界にも関わらず感じられる鮮やかさ、これがすごいと思います。

もう一つはその鮮やかさが島村の駒子への想いの象徴として機能し、雪というものが持つ性質が物語のラストへの最初の伏線として(トンネルもそうですが)描かれている点。

最後まで読んでいくとこの小説の書き出しはこれしかないと思えてきます。

yamabato05さん

2011/1/2520:37:51

「国境の長いトンネルを抜けると」という書き出しですね。


国境を越えての変化を捉えたものとしてよく知られていますね。太平洋側気候帯から島村はやってきて、そして、国境のトンネルを抜けたとたんに日本海側の気候帯に入っていた。それが雪の出現によって言い表されているのだと思います。わたしたちの時代の感覚では捉えるのが難しいですね。

境を抜けることによって温い世界がある、孤独な自身を温めてくれる世界が……冷たい都会、温い人のいる湯沢温泉、というふうにも考えられなくもないですね。

2011/1/2520:27:32

「国境の長いトンネル」が意義を持っていると思います。
東京暮らしの妻子持ちの島村が、駒子に会いに行くところのシーンです。
雪のない風景が連続し、国境の長いトンネルの中は昔ですから薄暗かったでしょう、それを過ぎた後、いきなり風景の異なった雪国は、目に痛い程、純白で、美しく見えると思います。同時に、島村を待っている駒子が秘められていると私は思っているのですが、あくまで、私の勝手な解釈ですので。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。