ここから本文です

栗城史多さんは、ネット上で叩かれてますが、何故でしょうか?

kmn********さん

2011/1/2521:25:40

栗城史多さんは、ネット上で叩かれてますが、何故でしょうか?

閲覧数:
42,728
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

god********さん

2011/1/2614:47:32

私は山スキーと何度かの登山をしたことがありますが、ほとんど素人です。
ただ、ネパール、インドを旅し、エベレストBC、アンナプルナBC等まで歩いたことがあり、登山記、ノンフィクション物を読むのが好きです。

1.確かに8000m超の山はエベレストだけで、他は7000m以下の山ですね。
でも、5000mを越えると、酸素は平地の2分の1になり、登山家が2500mの所で高山病にかかり、死亡したことがあるのです。
野口健氏もロシアのエルブルース(5642m)の山に登る途中で、意識不明になったことがあるようです。
私も3440mまでの歩いた時、息苦しくなってしばらく歩けませんでした。

「単独」とは、ベースキャンプより上を単独1人の登ること。
但し、既に取り付けられているロープなどを利用することはOK。
梯子は、取り付ける専門業者がいて、登山する時には料金を払って利用させてもらいます。
無駄を省く共同利用と大変な労力をセーブするためです。

「無酸素」とは、登る時、休憩する時、眠る時など、BCに下山するまで酸素ボンベを使わ
ないことです。
これらの規定は、世界中でクライマーたち(協会)によって、取り決められています。
登頂したかどうかも、認定します。

2.「あれだけの遠征隊を組んで、シェルパにルート工作をしてもらって」とありますが、そばで見ていて、他の登山隊より多かったのでしょうか。(笑)
テレビを見た限り、BCでサポートする日本人メンバーが数人、後はエベレスト登山経験のあるシェルパが、数人アドバイザーとして参加していただけです。

若い登山家が、7大陸最高峰単独無酸素に挑戦する、素晴らしいことです。
但し、登山には膨大なお金が必要な時代で、エベレスト登山の許可を得るだけで、7万ドルが必要になるのです。
若い人には、調達できない膨大な費用がかかります。
あるエベレスト登山隊の会計報告では、総費用2680万円(これは相当少ないです)、現地スタッフ人件費が2772000円、三浦雄一郎氏の総費用は億を越えていたとか。

栗城氏の場合、単独にライブ映像発信という目的もあり、そのために登りなおすという労力、ハンディがあり、天候不良が続くとキャンプで停滞することになり、登山の許可日程が迫り、無理にでも登り、遭難するという危険性もあります。

暗いニュースの多い日本、若い人が夢、目的に向かう、大いに応援してあげるべきです。

知らない人は、知らないなりに黙っているべきでしょう。
過去の質問のベストアンサー等には、失笑、嘲笑を禁じえません。

3度目も頑張ってほしいものです。

私は山スキーと何度かの登山をしたことがありますが、ほとんど素人です。...

質問した人からのコメント

2011/1/27 20:34:46

皆様有り難う御座いました。

「栗城史多 批判」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mim********さん

2011/1/2620:08:19

栗城さんは山を知っている人に叩かれる事くらい重々承知だと思いますよ。

残念ながら日本は登山文化が浅いので、どういう山行がより困難で大変かってのがわかっていない人が多い。山を登る人達でも登山道を歩いている人やガイド登山をしている人達で、わかっている人は少ない。
山の困難さは高さではない。小屋泊まりより、テントの方が大変でしょ?栗城さんは自分の荷物をシェルパに運んでもらっている。
誰かが歩いて踏み固められた雪の上を歩くより、誰も歩いていない雪の上を雪をかきわけ歩いたら大変でしょ?判断も無線で指示をあおいでいるでしょ?登山において判断は自分が背負うべきものでしょ?
あれは大パーティーで行って最終アタックを栗城さんがやっているだけなんです。

栗城さんは7大陸最高峰を登るために、マスコミや山を知らない人達を利用しているだけなので、私は栗城さんを叩きません。
叩きたいのはマスコミです。視聴率や商品を買ってもらうために、本来の登山の意味を歪曲して報道するので。

pan********さん

編集あり2011/1/2623:34:57

うーん、山登りをしない人にはわからないかもしれないけれど…。

山登りって、単に高いところをめざし、頂上に着くだけが目的ではありません。
山に登る人にとっては、説明しなくてもわかることですが…。
おっと、頂上をきわめるのは爽快で素晴らしいですよ。でも、それだけではない。
百名山をめざす人は、登山というより駅のスタンプ集めと類似したコレクターです。
七大陸最高峰コレクターがいたって不思議ではない。
コレクターが悪いという意味ではありません。念のため。

さて、山登りの面白さは、計画し、準備し、実行すること全体だと思います。
実行する中で、道を探したり、場合によっては計画変更や中止の判断を
することも求められます。
それは低山ハイキングからヒマラヤ高峰まで、変わるところがありません。

栗城史多さんの場合、ルート工作してもらう、荷物を運んでもらうという
サポートを受けています。それはそれで、かまいません。
昔ながらの極地方登山(ポーラー・メソッド)とはそういうものだから。
しかし、それを「単独」と称するのはどうかという疑問がつくのです。

私はそれよりもむしろ、無線でルートの指示を受けるとか、登るか下るか
の判断を仰ぐことに違和感を覚えます。まるでロボットです。
安全のためとはいえ、自分で判断できないとしたら、それはまだ
その山に挑戦する力量に達していないと判断すべきではないのか。
もし無線機が故障したら…、電池が消耗しきったら…。
無線の不具合が遭難の原因になったとしたら、情けないと思いませんか。
笑い話にもなりません。

近年、携帯で「道に迷った。助けて」「疲れて歩けない。ヘリを頼む」という
救助要請が増えてひんしゅくをかっていますが、場所と高度の違いこそ
あれ、根っこに共通点を感ずるのは私だけでしょうか?

山登りは体力だけではない。若さだけでもない。技術だけでもない。
装備だけでもない。といって経験だけでもない。
総合的な力を要求される知的な遊びなのです。それが面白さです。

kaz********さん

2011/1/2608:42:41

自分を主役にして、登山を見せ物にして金を稼いでいるのです。
批判はされて然りでしょう。
私は彼が好きで登山しているようには捉えられません。

dyn********さん

編集あり2011/1/2707:09:48

http://www.econakoto.net/kuriki/article/35
「世界初となる世界7大陸最高峰の単独無酸素登頂」と書いていますが、

1.7大陸の最高峰で無酸素に価値があるのは今やエベレストだけなのに世間が知らないと思ってさもすごそうに宣伝しすぎじゃないの?
2.あれだけの遠征隊を組んで、シェルパにルート工作してもらってBC(ベースキャンプ)から無線で指示受けまくりで、しかもほかに登山者がいっぱいいるノーマルシーズンのノーマルルートなのに、単独と言うのはどうなの?

の2点が主に批判されているところです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1253068047
で書いたように、記録的なことをやっていると言っている以上、その妥当性が問われることは仕方がないと思います。

また、批判されると都合の悪い動画やブログ・ツイッターを削除訂正して無かったことにしようとした(そう受け取られた)のも、より叩かれてしまった一因でしょう。


上記の1と2は、私の意見と言うより叩かれている理由の要約です。
ただし私自身、1については、エベレスト以外の無酸素に『記録的』価値は無いと思います。

2についても、昨秋のエベレストでシェルパによるルート工作や無線による指示をWEBの動画で確認しているので、少なくともあれを単独とは言い難いと思います。それ以前の登山については、見ていないのでわかりません。

前人未踏だの日本人初だのとさも登山界における記録的なことをやっているように言わなければ、どんなスタイルで登ろうと、どんなスポンサーから金出してもらおうと栗城氏の自由だと思いますけどね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる