B型肝炎集団訴訟の原告になるには、母子感染者は除外とのことです。

B型肝炎集団訴訟の原告になるには、母子感染者は除外とのことです。 私自身 B型キャリアで8年前に発症したことがあるので慢性肝炎なのですが、母親の血液検査結果は もちろんHBs抗原は-(陰性)ですが、抗体が(HBs、HBc、HBe) 陽性となってます。 よって、過去B型に感染したことがあったことがわかります。。この場合、原告団に申請しても母子感染が疑われ、却下されてしまうのでしょうか? 申請を考えておりますが、受け入れないのであれば諸費用が馬鹿にならないため、取りやめようと思ってます。

病気、症状1,465閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

母子感染じゃない事が証明出来たら参加可能です。 Q:原告団に申請しても母子感染が疑われ、却下されてしまうのでしょうか? A:却下はしません。敗訴のリスクがあるだけです。 対象者はあくまで集団予防接種による被害者が対象です。 集団予防接種で感染した事が証明できれば参加可能です。 母子感染で母子共に参加するなら2名分の経費が必要になります。 しかしお母様は抗体が陽性であるため今回の訴訟では対象外になります。 経費は2名分必要ですが請求はあなただけしか対象になりません。 この場合、祖父・祖母・父・母・兄弟の全てのジュノタイプの検査が必要になります。一人当たり1万~3万かかりますが絶対条件になります。 母子で参加なら母親が集団予防接種で感染した事を証明する必要もあります。 現段階では敗訴のリスクはありますが参加可能と言う事です。 あなただけの参加なら母子手帳とその他の書類でOKです。 先ずは弁護団に相談されるのが一番ですね。

その他の回答(1件)

0

お母様か貴方、どちらか薬品の投与を受けてますか?お母様が受けてるならお二人とも救済の対象になると思います。貴方だけ受けてるなら、貴方だけ救済の対象になると思います。お大事に。