ここから本文です

結婚式・披露宴で紫のドレスってふさわしくないのでしょうか?

sta********さん

2011/1/2709:51:01

結婚式・披露宴で紫のドレスってふさわしくないのでしょうか?

今まで黒・ベージュのドレスで出席してきましたが、恥ずかしながらあまりふさわしくないということを知り、マナー違反でないものを・・・と思い、紫のドレスを購入しました。

しかし、最近紫は新郎を誘惑する色である、キリスト教では喪を表す色であるからNGであると知りましたが、これって本当なのでしょうか?

私の手持ちのマナーブックにはこのようなことは書いておらず、夏にある友人の結婚式に着て行っていいものか躊躇しています。まだ日はあるので新しいものを購入した方がいいのかという思いとまだ一回しか着用していないのでもったいないという思いもあります。

また、ベージュやクリーム色のボレロというものもやはりふさわしくないんでしょうか?座った時に上半身が白く見えるのでNGと聞きましたが、そんなに披露宴で目に付くものですか?やはりご親族に嫌な思いをさせてしまうものなんでしょうか?友人自身は以前にベージュのドレスを着ていたので、気にしないと思いますが・・・。

同じような質問はいくつかあると思いますが、お答えいただけたらと思います。ちょこちょことお店でドレスやボレロを見ていますが、マナーにふさわしいものから自分の気に入ったものを選ぶことの難しさを感じています。

閲覧数:
13,193
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

app********さん

2011/1/2710:34:36

基本的に、お手持ちのマナーブックに沿っていれば大丈夫ですよ。
書店に置いてある、著者が確かなマナーブックの方が、知恵袋に書き込まれるいい加減な情報よりも、よっぽど確かです。

知恵袋は、本来のマナーをはずれて、自分の想像で書き込む人も多いので、あまり気にしない方がいいですよ。
紫色のドレスが、誘惑の色だからダメなんてことはありません。

それを言ったら、緑もダメですよね。確か、嫉妬の色でしょう?

結婚式に白い服はダメ、というのは、「全体的に白っぽい場合」がダメなのです。
部分的なアイテムとして使用するのはOKです。
ただ、ショールやボレロで白を使う場合、上半身全体を覆う形で使用すると、テーブルに着いた時に、上半身が真っ白に見えてしまいます。
なので、大きく前を開けて、下に着ているドレスの色がしっかり見えるようにすれば、問題ありません。

質問した人からのコメント

2011/2/1 11:20:45

感謝 皆様、回答をありがとうございました。
紫色のドレスがマナー違反ではないと安心することができました。
ボレロの件もありがとうございました。部分的なアイテムとして、全体に白っぽくならないように気をつけて使おうと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hir********さん

編集あり2011/1/2813:56:26

キリスト教(カトリック)信者の者です。
すみません、「キリスト教では紫は喪をあらわす色だからNG?」についてのみの回答になりますが・・・
あれは誤りです。
教会での結婚式だろうが、キリスト教信者の結婚式だろうが、
(ヨーロッパはともかく日本では)紫が喪の色だからNGということは一切ありません。
詳しく言うと
カトリック教会のミサの時に司祭(神父)が着る服(祭服)の色には決まりがあって、
「紫」は罪の償いや節制などをあらわす色なのですが、葬儀ミサの時に(もともと葬儀ミサは「黒」だったのですが)紫が使われることもあります。最近は、葬儀ミサで「白」の祭服が使われることも多いですが・・・。
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_tenreicolor.php
といってもこれは司祭の祭服の話で、一般の信者や参列者については服の色の決まりやタブーはありません。
信者から見ると、なぜ「キリスト教では紫は喪の色」というデマがもっともらしく広まってるのか不思議です。

kai********さん

2011/1/2713:30:44

紫がキリスト教ではマナー違反だっていっている人はほとんどクリスチャンではありません。

確かにカトリックでは紫は喪に使われますといわれますが少し意味が違います。悔悛の色とされていて待降節や四旬節に用いられます。四旬節はイースター前のことですのでこのあたりから来ているのかな?(ここら辺を詳しく言うと長くなるので避けます)お葬式に参加するときは普通に黒い喪服を着ます。紫の喪服は着ません。お葬式のときに神父様の服が紫なことはありますが最近は白いです。プロテスタントも特に色は気にしないはずです。

確かにヨーロッパの方ではタブーとされています。その理由は喪というよりヨーロッパでは紫が主役の色だからだと思います。

少なくとも日本のクリスチャンのほとんどが気にしません。気にするとしてもクリスチャンでない人にそんなこと求めませんし着てきたからといって非常識と思いません。
どこかのクリスチャンでない人がヨーロッパの習慣をみて勘違いされたのかな?
ヨーロッパの人の結婚式では避けたほうがいいかもしれませんが日本は気にしなくて良いです。
紫がだめという人はキリスト教徒でもない人がほとんどだから気にしないでください。

ちなみに私の結婚式には外国人の熱心な信者の友達は紫のきれいなドレスを着て参加してくれました。

それに色の意味を言っていたら黒もだめですよね。緑も(堕落・無関心等)オレンジも(悲しみとも結びつき・破壊的態度等)黄色(深刻な悲観主義・破壊的等)も水色(孤立感や孤独感等)も・・・そんなこといっていたら結婚式できれる服なくなります。

最低限、色に関しては白くなりすぎない、黒くなりすぎない位で良いと思います。

ta4********さん

2011/1/2710:52:16

日本人の披露宴で日本人が出席するのですし場所も日本でしょう?
日本のマナーにのっとれば問題ありませんよ。
紫はデザインによりけりで上品なものと下品なものにわかれるとおもいますが、上品なものなら色としては問題はありませんよ。
ベージュについては、言葉でベージュといってもらくだいろから真っ白までその人が「ベージュ」としている色がどんな色かわからないのでなんともいえません。

sar********さん

2011/1/2710:02:19

ベージュは問題ないと思いますよ。
でも白に近い物はNGです。
後は紫が新婦のドレスの色(お色直し)をかぶらないことですよ。
相手がキリスト教の方でなければ問題ないと思いますが。
新婦さんがあくまでも当日は主役なので
目立っては行けませんよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる