ここから本文です

なんで昔の朝鮮は猫車(一輪車みたいなやつ)だったんですか?

a07********さん

2011/1/2923:39:41

なんで昔の朝鮮は猫車(一輪車みたいなやつ)だったんですか?

なんでわざわざ不安定な一輪車なんですか?
もう一個付けたら二輪で安定するでしょうに。

なんでですか???

一輪車,猫車,朝鮮,李氏朝鮮,車輪,水車,李朝

閲覧数:
19,414
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gei********さん

編集あり2011/1/3001:39:47

木を曲げる技術、というか知識がなかったから。
木は力任せに曲げようとすればポキっと折れてしまいますが、繊維質なのでスチームすれば曲線に加工することができる。
当然円形にもすることができるのですが、彼らはその知識がなく、丸太を輪切りに切って均さないと車輪が出来なかった。
丸太の大きさは当然1本1本違うから、同じ大きさの車輪を二つと作る事ができなかったし、均すだけで精一杯なもんだから一台に車輪を二つ三つつけるのがもったいない、1つあればとりあえず動かせるじゃんというお粗末な理由で上の写真のようになった。

ちなみに上の経緯もあって李氏朝鮮では建国当時(14世紀)から水車を導入しようとしましたが19世紀後半(1880年代)になっても導入できませんでした。つまり建国当時でさえ中国や日本に遅れをとっていたのに、400年近く文明がストップしたままなのでした。スチーム加工が出来ないから水車も作れなかった訳です。これでは農業効率も悪くなり飢餓が頻繁に発生してしまいます。
中国や日本から技術を学んでいるにも関わらずこの結果ですね。

昔から朝鮮半島は漢陽(ソウル)に人が集中していたため、地方に物を運ぶ、つまり流通があまりなかったのです。
なので物を運ぶための道具になる車輪があまり必要なかったのも原因の一つなのかもしれません。
朝鮮通信使が日本に訪れる際、自国の技術力のなさを痛感していた記録が残っていたりします。
http://wiki.livedoor.jp/crescent_castle/d/%BF%E5%BC%D6
↑李氏朝鮮と水車の歴史年表

筑波大の古田博司教授が李氏朝鮮時代の研究報告に対しこのような結果を発表し韓国から猛抗議を受けている。
消し去りたい恥ずかしい歴史なのでしょうが要は図星だということです。
韓国に愛情はないのか、と怒り狂っていたらしいですが、捏造する事が彼らにとっての愛だそうです。恥ずかしい連中です。

質問した人からのコメント

2011/2/5 21:29:38

笑う 韓国に愛情はないのかwww

「猫車 韓国」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/1/3001:18:51

この車のようなものは猫車ではなく御輿です。
中央の御輿に乗る人物は朝鮮の李朝の高官で外出するとき自分で歩かずにこうしたものに乗っていたそうです。
これは19世紀末の李朝末期に登場した形態で本来は車はついてないです。
朝鮮には木を曲げる技術がなかったようで写真が撮られた当時、朝鮮の最新技術ということだったのでしょう。

nor********さん

2011/1/3001:09:36

ひとりでもさぼったら、師匠が落ちるから、精神の修業じゃあ?

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる