確定申告医療費控除 申請できますか?

確定申告医療費控除 申請できますか? 昨年、帝王切開にて出産しました。確定申告の医療費控除こちらで申請できるでしょうか? 帝王切開出産費(検査代含む) 350,000円 その他医療費(主人の病院代、薬、一ヶ月検診代他) 71,760円 出産一時金 420,000円 帝王切開手術による高額療養費 52,000円 出産一時金や高額療養費は差し引くのでしょうか?

補足

【その他医療費】の部分は出産費用以外に22年にかかった費用の合計(主人の病院、薬、わたしの歯科代など)になるのでこちらを足しても医療費控除を申請しても戻りはないということですよね?

生命保険18,486閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

はい、確定申告の医療費控除で申請できます。 但し、一時金、保険金、還付金などの受け取った金額を該当する医療費から差し引かねばなりません。 従って、出産一時金や帝王切開の高額医療費還付金などは、それぞれ出産に関わる医療費から差し引いた残額にその他の医療費加えて医療費を算定下さい。 この結果が10万円または所得(収入ではありません)の5%のどちらか低い金額を超えた部分が医療費控除の対象となります。 【補足の回答】 文面から出産に関わる医療費は一時金などの補填で医療費が0円となります。その他の医療費が71760円ですので、この71760円を5%とすれば、所得額は143万円となり給与収入に換算しますと230万円となります。 即ち、ご主人の収入が230万円以上なら医療費が72000円では医療費控除は受けられないことになります。 残念ですが、多分ご主人の年収は遥かに多いと存じますので・・・・確認のために医療費控除のシミュレーションをされることが良いかと存じます。 なお、序に・・・・ 他の補足の回答の中に、保険金等は医療費全体から差し引く・・・との文面がありますが、確定申告の手引きでは極めて簡単に説明されているために誤解されているようです。医療費全体からは差し引かないで給付の目的の医療費のみ対象であることになっていますのでお間違いなきように・・・。 下記に国税庁のホームページを貼り付けますが・・・3.(1)(注)の記載内容をお読み下さい。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm (1) 保険金などで補てんされる金額 (例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など (注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二人とも大変詳しく教えていただきありがとうございました。 今後にも生かしていきたいと思います。

お礼日時:2011/2/4 12:12

その他の回答(1件)

0

出産一時金や高額療養費での補填分は差し引かなくてはなりません。 ですので、 支払金額421,760 補填金額472,000 となりますので、 医療費控除は申請できません。 ただし、このほかにも医療費・通院費が高額かかっていれば別の話になりますが。 補足 補填金を差し引くのは、かかった医療費の総額からであって、該当の医療に対して支払った額からではありません。 確定申告の手引きでの計算式でも、総額からの差し引きと書かれています。 補足事項へのお答え 残念ながらそのようです・・・ 補足 もうひとかたの回答者の方の回答を見て、調べてみました。補填金の引き方は該当の医療に対して支払った額に対してのみなのですねーー。初めて知りました。勉強になりました。ありがとうございます。