ここから本文です

クラリチンとアレグラについて。 ずっと敏感肌で病院に通っています。 敏感肌...

takikomiogohanさん

2011/2/217:26:19

クラリチンとアレグラについて。

ずっと敏感肌で病院に通っています。
敏感肌なので仕方ないですが、 特に劇的な変化があるわけではないのでセカンドオピニオンとして別の病院に行ってみました。
前の病院ではクラリチンを処方されていましたが、今回はアレグラを処方されています。
どちらも利き目は同じくらいに感じます。
ずっと薬を飲んでいるので、利き目があまり変わらないなら、あまり体にきつい薬は飲みたくないのが正直な気持ちです。
どちらの薬がまだきつくないのでしょうか。
教えて頂けたら嬉しいです。

閲覧数:
7,120
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/2/315:54:08

クラリチンもアレグラも比較的新しい抗ヒスタミン剤で、眠気の副作用が出にくく作ってあります。両者ともそれに比例して作用が弱くなっていますが、クラリチンの方がキレはいいと聞きます。(私は実際にクラリチンを飲んだことが無いので、クラリチンに関して詳しいことは分かりませんが…。)
アレグラは私の感覚では本当にキレが悪いです。症状が出る前の予防で飲む分にはいいですが、症状が出てしまったらもっとキレのいいものにしないといけないかなっと思います。また、医療機関でもアレグラはキレが悪いと聞きました。

かゆみなどのヒスタミンによるアレルギーを抑える抗ヒスタミン剤の副作用が出にくい第2世代のお薬で1日1回、夜に飲むおくすりでジルテックとアレジオンがあります。この2つは残念ながら眠気の副作用が強く出てしまうまうのですがキレはかなりいいし眠気を考慮して夜に飲むようにと言われています。

他にこれは朝夕で服用させるおくすりですがザジテン、セルテクト、アレロックといったものはアレグラよりもキレがいいです。ただ、いくら副作用を出にくく作った第2世代のお薬でもザジテン、セルテクト、アレロックなどキレのいいおくすりは人によってやはり眠気を招くことがあるそうです。その場合、夕食後に2個のませてクラリチンのような眠気の出にくい抗ヒスタミン剤を朝食後にかぶせるという処方の仕方もあるようです。


また以上に挙げた第2世代抗ヒスタミン剤にゼスラン、ポララミンなどの第1世代抗ヒスタミン剤をかぶせる処方の仕方もあります。症状が酷いときこの処方の仕方をするとより早い治癒を期待できます。

基本的にアレジオン、ジルテック、ザジテンなどの第2世代は「キレはいまいちだけど副作用は出にくい」ポララミン、ゼスランなどの第1世代は「キレはいいけど副作用は出やすい」という違いがあります。ただ、第2世代はその中でも結構、効き方の違いの差が激しいのですが…。

まあいずれにせよ抗ヒスタミン剤は長く飲み続けても身体に悪影響を及ぼすことは少ないのでより自分に合ったお薬とその組み合わせを医師とよく相談して決めていただければと思います。

あとは敏感肌と言う事ですので、患部の保湿にも十分気を使って下さい。

ではお大事になさって下さい。

質問した人からのコメント

2011/2/9 10:27:03

詳しい説明、有難うございました。飲み続けても体に悪影響は少ないとの事で安心しました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2011/2/217:34:48

アレグラは1日2回
クラリチンは1日1回ですよね
効き目としては個人差もありますので
なんともいいにくいですが
クラリチンがお勧めです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。