ここから本文です

交通事故慰謝料で質問です。

aka********さん

2011/2/423:28:33

交通事故慰謝料で質問です。

平成22年10月20日に事故にあいました。
平成23年1月31日をもって示談しようと思うのですが、、、

総治療日数が112日です。
仕事があまりにも忙しく、通院日数が29日でした。


保険会社の慰謝料は¥243,600-
でした。
通院日数×4200×2と言うのはわかるのですが
このまま、示談するべきでしょうか?

総治療日数×4200は不可能でしょうか?
どなたか、知恵をお貸しください。

閲覧数:
1,940
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sre********さん

2011/2/509:40:23

慰謝料は、自賠責基準での金額です。おそらく、損害賠償金額は、合計で120万円以内ではないでしょうか。
お怪我の内容がわかりませんが、ねんざ・打撲であれば慰謝料の上乗せは厳しいと思います。
総治療日数での支払いは、現在の基準ではできません。
骨折してギプスを装着した場合は、装着期間も通院日数に加算(通院日との重複加算はありません)されます。

どうしても納得できないのであれば、弁護士に相談してみましょう。(対応している保険会社から、相談窓口の案内パンフレット等が届いているはずです。相談は無料ですが、平日に時間を割く必要が何回かあります。)
また、保険会社は自賠責保険に余裕(余り?)があるとか、任意保険の支払額が少ないからとかで、慰謝料を増減することは一切ないと思います。
保険金(慰謝料等)を支払うには、それだけ支払う根拠、妥当性があるかどうかです。保険金は、結局皆さんが支払っている保険料から支払われているわけですからね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yam********さん

2011/2/500:04:51

示談するかしないかはakamatsuさんが、今の状態(痛みの残り具合)で納得できるかどうかです。慰謝料は規定に従って支払われるので、忙しかったから・・・というのは通用しないのではないでしょうか。

保険は基本的には事故に遭う前の状態に戻るまで治療を受ける権利があります(あまり長すぎたり、治療効果が認められないとその限りではありませんが)。戻れない部分に対しては後遺障害として加算されます。なので、現状に納得いかないのであれば、キチンと治療に通ったほうが良いのではないでしょうか。

hit********さん

2011/2/423:51:52

保険会社があっさり総治療日数×4200はなかなか認めないと思われます。出し渋りますから。
赤い本基準別表2(他覚所見のないむちうちなど)で言えば、総治療日数112日は3カ月と22日と読み替えて、53万+(67万ー53万)×22/30=約63万2666円になります。
赤い本基準で保険会社と交渉しても厳しいと思いますが、
一応言うだけ言ってみるのも手かと。
話し合いは平行線で終わる可能性が濃厚ですので、後は紛センで解決するのが良いかと思われます。無料です。
後、この治療実績だと自賠責の120万枠を使い切ってないと思われますが、治療費を含め実際に任意保険会社が負担している金額を問い合わせて、余裕があればそこで交渉の余地はあるかと。
自賠責の120万枠に残があれば、交渉に応じるあるいはある程度歩みよる可能性はあります。
治療期間は112日ですが、仕事とはいえ実治療日数が29日とは少なすぎるので、充分に正当性のある疎明をする準備は必須かと思います。

hir********さん

2011/2/423:40:24

私の妻の事故の際、保険会社から、1日に一万円と言われました。通院日数で計算すると言われましたが、ギブスが外れる迄の日数で清算してくれましたよ?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる