ここから本文です

システィーナ礼拝堂の、ミケランジェロの祭壇画「最後の審判」に描かれている聖ぺ...

システィーナ礼拝堂の、ミケランジェロの祭壇画「最後の審判」に描かれている聖ぺテロは、金銀2つの鍵を持っていますが、これは何をしようとしているのでしょうか?

閲覧数:
546
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

いけずきさん

2011/2/1310:16:50

鍵は聖ペテロのアトリビュート
(その人物を示すシンボル) とされます。
これは、マタイの福音書に
“ペテロがイエスから 「あなたに天国の鍵を
授けよう」 と言われた。”
という記述があることから来ていて、聖書では
天国の鍵についてしか書いていませんが
後に金と銀の2つの鍵、天国と地獄または
霊界と俗界の支配権を示すものと考えられる
ようになったものです。
そのため、キリスト教に関連する絵画などで
金銀の鍵を持っているのは、それがペテロであると
見る人に知らせているのです。

ペテロはローマ教皇の元祖とされているので
ヴァチカン市国の国旗にも、この金銀2つの鍵が
デザインされています。

質問した人からのコメント

2011/2/19 23:38:13

詳しく教えて頂き、ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる