ここから本文です

プラスチックダンボールで防音室を作られた方いらっしゃいますか?

adg********さん

2011/2/1415:36:48

プラスチックダンボールで防音室を作られた方いらっしゃいますか?

自作の防音室を作ることを考えているのですが、定番とされている石膏ボードやグラスウール、ロックウールなど有害資材は使えません。
ですので、プラスチックダンボールもある程度防音性があるらしいとのことを知ったのでそれを使おうと思ってます。
しかし、結構ネットで調べてみたのですが、プラダンで作られた方はほとんどいらっしゃいませんでした。
正直前情報が少なすぎて着手できないでいます。
どなたか実際に作って実用された方はいらっしゃいませんか?

ちなみに、今考えているのは壁と天井はプラダン(養生シート)の二重で、その間にダンボールやエアキャップを詰めます。
床は1cm厚のコンパネで土台の足に発砲スチロール製のブロック。
ドアは上記の壁に隙間テープ(スポンジのやつ)で隙間をなくそうと思っています。
目標としては市販のものほどではなくある程度防音してくれればいいと思っています。

よろしくお願いします。

補足早速の回答ありがとうございます。
いろいろアドバイスありがとうございます。
この質問は「実際作られた方」への質問のつもりだったのですが、やはりいらっしゃらないのですね。
プラダンやダンボールで作れたら機材を除けば計算上1万円以内で作れるので期待していたのですが・・・。
ついでに質問なのですが、質問の有害資材以外で防音・遮音にいい安価の素材はありますでしょうか?
よろしくお願いします。

閲覧数:
31,654
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hea********さん

編集あり2011/2/1510:06:22

★プラダンは透過損失データがないですが、遮音材ではないでしょう。しかし表面硬度がある程度あるので反射率はある程度あります。また空気層を含むので吸音効果(吸音効果=断熱効果)はあると思われます。

従って、現在の計画だと壁天井は吸音材+吸音材なので残響音はかなり減少しますが、遮音効果は高くないと推測できます。床はコンパネの遮音効果が期待できます。

天井・壁もコンパネで覆えば、遮音効果は多少追加されると思います。そこに吸音材を貼れば残響音が減る為、結果的に現在よりは防音出来ます。


◆防音の原理

まず音とは物体が振動して発生するエネルギーです。このエネルギーは様々な物体を媒介して広がります。まず代表的な物としては空気を振動させ伝わることが有名で、空気中に音の伝わる速さをマッハと表現し、その速度は意外に早いものです。

音エネルギーは空気だけでなく、様々な物体に当たると、その物体に対して透過・反射・吸音の3つのエネルギーに分散します。防音とは、この3つを上手く配置する事により音エネルギーを封じ込めるたり、ある方向に行かないように制御することをいいます。

そのため防音対策としては、主に透過させない=遮音と、音を捕まえる=吸音(無反射)の2つを合わせて考えます。


◆遮音

音が物を通過(透過)するときに、通らない(損失)事を透過損失といいます。透過損失は単純に言えば、同じ容量であれば質量のある物体であるほど、その物体内を音が通過しません。この透過損失の高い物質を遮音材と呼び、建材で言えば、コンクリートや鉛などが遮音の材料に使用されます。

また表面硬度が高いほど、反射率が高くなり、音を跳ね返します。この現象を残響(エコー)と呼び、反射率が高い素材で部屋を作ると音が何度も反射を繰り返し、残響時間が長くなります。

風呂でエコーがとてもかかるのは、そのためです。


◆吸音

太鼓の振動する面を指で抑えると、振動数が変わり音が変わります。つまり音エネルギーが別の物質に伝播するため、エネルギーに変化が起きます。吸音材とは柔らかな物質中に空気袋や層を多く持つ物で、ポリスチレンやガラス繊維で出来た材料が有名です。また吸音を行うために音の反射はしにくく、内装に剥き出しで使用すると残響音が非常に短くなります。

質問した人からのコメント

2011/2/16 09:44:13

降参 ありがとうございました。
事細かに説明していただいたのでこちらの方をBAとさせていただきます。

>gsxr1000blueさん
表現に誤解を与える部分があり申し訳ありません。
質問であげました資材は基本的に個人で使用する際防塵マスクなどをする必要があり、処分の際自分で処分できない(燃えるごみ、燃えないゴミに出せない)ので有害資材という表現していました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/2/1418:23:59

音を漏らさない、外の音が聞こえないのを期待するならほとんど効果などありません、そんなもので防音には成りません。
まして断熱材でなど効果はありません。

gsx********さん

編集あり2011/2/1511:37:19

建築設計士です。

残念ながら、プラダンには「防音性能」は期待できないでしょう・・・ある程度「吸音」するだけじゃないでしょうか?

私の別な質問への回答を下記に貼っておきますね。



この知恵袋でも、「防音(=遮音)」と「吸音」を混同されてる方がいますね・・・

音が響かないようにするのは「吸音」であり、隣に音が抜けないようにする「防音」とは全くの別物です。いくら「吸音」ができてても、「防音」には関係ありません。

「吸音」は、
①部屋の仕上材(床・壁・天井や家具にもよる)
②部屋の広さ
で変わります。
仕上材とは、吸音率が高い素材(グラスウールや布地の物や表面が凸凹してる物、つまりカーテンやベッドや布地の椅子でもあれば効果大)が多ければ吸音率が高く、音が響かなくなります。
また、部屋が広いほど、音が跳ね返ってくるのに時間がかかるため、残響時間が長くなり、音が響く感じが強まります。


「防音」は
①壁や天井の中身の材料(重さ・硬さ・隙間の有無)

で変わります。
「遮音壁」でネット検索すれば色々と出てきますよ。


>補足
そういえば、何故石膏ボード、グラスウール、ロックウールが「有害資材」なのですか?
そして何故プラダンは有害ではないのですか??
その判断基準がよく判りません・・・
御教授頂ければありがたいのですが。

それが理解できないと、「何が有害資材」か判らないので、お勧めができませんので。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる