ここから本文です

時効の援用をした者の、今後のローンについて。

vow********さん

2011/2/1617:28:50

時効の援用をした者の、今後のローンについて。

先日(1ヶ月程まえ)、主人が、時効の援用をしました。
(弁護士さんから『この借金の件については終了となる』と文書で頂きました)

当方素人ですので、よく解らないので質問します。

こういった場合、今後、何のローンも組めないのでしょうか。

ちなみに、この今回の借金を放置中、クレジットカードを作れたらしいです(UFJ)

現在、私(妻)の知人から、新築物件の購入を勧められ、好条件なので是非とも購入を考えたいのですが、先日に借金時効の援用をしたばかりで、住宅ローン審査に通るのか、よく分かりません。

・住宅ローンは組める可能性はありますか??
・NGだとしても、いつからローンが組めるのでしょうか??
・また、借金放置中、何故クレジットカードが作れたの

閲覧数:
45,358
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

さささん

2011/2/1709:09:57

踏み倒しは最も性質が悪いと判断されますね
時効の援用である意味救われたのですが
業者としてはたまらない話ですよね
確かに下の方の言うように契約がなかったものとなるので
その全てを削除するというのが道理かもしれないですが
消滅時効や自己破産はそうした登録の項目がないので
業者も色々考えていますよ
貸倒で登録されることも珍しくはないです
何もない可能性も勿論ありますが相手次第でもあるので
CIC、JICC、KSCの情報を開示して
登録があれば5年間は喪に服す状態ですので
貯金をして頭金を貯めるしかないと思います

放置中がいつだったか・・それにも依るでしょう
昨年の改正で一度消えた延滞情報が再登録されるようになったので
その前なら情報が一時的に消えたかもしれません

踏み倒し事案には厳しい目が向けられていると思いますので
貸倒登録は濃厚ですね

取りあえずは開示して確認が一番の方法です

CIC→http://www.cic.co.jp/
JICC→http://www.jicc.co.jp/
KSC→http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

byu********さん

編集あり2011/2/1622:53:42

開示して何か残っていたら訂正してもらえます
時効の援用をするとその契約自体がなかったものになるので登録事項は全くなくなります
何もなくなれば現在利用のカードで信用を積んでいけば住宅ローンも組めるようになると思います

tor********さん

2011/2/1618:12:19

時効の援用をした先はどこですか?
信用情報機関のCIC(クレジット・信販系)とJICC(消費者金融系)を開示して確認してみる必要があります。

通常は時効の援用などして借金をチャラにしても、最高で5年間貸倒などの記録が残ります。
しかしUFJのクレジットカードが作れたということは、少なくともCICには悪い情報は何も残っていない可能性が高いですね。
例えば、ある業者の債権が保証会社や債権回収会社に移管され、その移管先は信用情報機関には加盟していないために、元の業者の登録情報が登録期限とともに消えた後は、外からは何も見えなくなった、ということも考えられます。
その場合は他のクレジットやローン契約に不利になる情報は何も残っていませんから、もう心配する必要はありません。

ちなみに情報機関のネガ情報登録期間はCICが完済後(もしくは契約完了後)5年間。JICCは内容によりますが情報登録後1~5年間です。
住宅ローンなどの申込は開示の結果を見てからにするべきですが、カードが作れているので他のローンが組めない前提での説明は省きます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる