ここから本文です

世論調査では6割弱の国民が消費税増税に賛成らしいのですが、 ホントですか?

boo_foo_woo55さん

2011/2/1621:16:37

世論調査では6割弱の国民が消費税増税に賛成らしいのですが、

ホントですか?

消費税増税に賛成の方は、もし消費税率が選択制になった場合でも

高いほうの税率を選択する覚悟がありますか?



自分は消費税増税には断固反対です。

消費税増税の前にやるべきことがたくさんあるはずだからです。

天下りの禁止、国会議員の定数削減、公務員の総人件費2割削減、

年金制度の一元化、農家への個別所得補償の見直し、

高校授業料無償化の見直し、高速道路無料化の見直し、

米軍基地への思いやり予算削減、子供手当ての廃止、etc

これらの問題を先送りして消費税増税っておかしくないですか?

閲覧数:
863
回答数:
10
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gryvcbさん

編集あり2011/2/1723:25:27

世論調査結果の背景要因は、マスコミの影響が多大だと思います。
過去、消費税を3%から5%へ引き上げた後、税収全体は3%だった時を一度も上回ったことはなく、下記URL(1ページ中頃)の、税率と税収の過去データグラフを見ると一目瞭然なのですが、こうした事実をマスコミは報道しません。
http://www.hr-party.jp/pdf/news10.pdf
逆にこうした事実が報道で明らかになるだけで、世論は全く違うものになるのは明白でしょう。
結局、税率を上げても、「以前と同等の消費数量」があって初めて税収増となるわけで、しかし現実には税率を上げれば所持金が減少したり消費数量が減少したり所得が減少したりし、その結果税収全体もむしろ減少する、ということがあるわけです。
一方、過去の成功事例としては、上杉鷹山という方は凶作時に年貢の免除を実施し、新産業を興すことにより米沢藩の財政再建を果たされています。
現代でも、宇宙資源開発(地球には無い資源があるようです)や海底資源開発(実は日本近海は中東以上の資源宝庫だそうです)等々、新規開拓部門はあるのです。
冒頭のデータグラフも含め、以上のような情報は「The Liberty(ザ・リバティ)」という月刊雑誌(2010年8月号や2011年1月号等)にも掲載されたりしていて、書店でも販売していますし、ネットにおいてはバックナンバー(過去月分)も取り扱っています。
http://www.irhpress.co.jp/article/cgi-bin/list.cgi?category=liberty
結局、新しい価値を創出して行くことにより、収入も雇用も増加し、税収も増加する、という王道を目指すべきでしょう。
以上のように、過去の失敗実例と成功実例を直視し、その上で現代における成功要因とは具体的には何があるか、という3点を明確に示すことこそが最重要だと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cav228zさん

2011/2/1702:46:05

世論調査の数字なんかいくらでも操作出来ます。
それに、調査の質問文の書き方次第で賛成に誘導する事も出来ます。あんなの信用するほうがおかしいです。

今は増税する時期ではありません。それに、消費税の一律増税で財政再建をしようという発想自体が間違いです。
現実に、一律増税で財政再建に成功した例は地球の歴史上存在しません。
大多数の一般庶民の消費を冷え込ませるのですから、景気がよくなるはずもありません。消費税収だけは上がるかもしれませんけど、トータルの税収が下がりますから財政赤字はますます膨らむ一方です。
今の状況で消費税を一律増税するぐらいなら、現状のまま何もしないほうがずっとましです。

1997年に消費税を5%に増税して以降の財政状況を下記のページの表で見て下さい。

http://www7.atwiki.jp/epolitics/pages/339.html

御覧の通り、財政状況は悪くなる一方です。
税収に関しては、未だに1997年当時の水準にすら戻っていません。これじゃ一体何のための増税だったのか訳が分かりません。景気を悪くして財政赤字を増やしただけです。

ちなみに消費税を導入したのが1989年ですけど、翌年の1990年をピークにトータルの税収は下がり続けてます。これは1995年あたりから回復基調が見えてきたんですけど、1997年に5%に増税してしまったために全てを台無しにしてしまいました。
当時の橋本首相自身も増税は失敗だった事を公式に認めています。

今回も失敗に終わる事は結果を見なくても分かります。
そもそも『消費税増税』という結論を先に出して、それに合わせて理屈をこじつけるから話がおかしくなるのです。


財政再建案をいくつか出してみます。


アメリカでは、クリントン大統領の時代に約5年で財政再建に成功した実例があります。
その政策というのが「累進課税の強化」です。
内容は、「所得税の最高税率引き上げ」、「富裕層に対する10%の付加税導入」、「法人税の増税」、「貧困層に対する減税」です。これは「クリントンモデル」と呼ばれています。
この政策は、最下層の一般市民の消費意欲を失わなかったのが成功のカギです。
日本もこれを参考にすればいいのです。


特別会計の剰余金約200兆円を返納させれば増税の必要が全くありません。
これが使えれば、来年度は税収がゼロでも借金せずにやっていけます(極論ですけど)。
何も、「こいつらだけお金を貯め込んで腹が立つ」という意味ではなく、「遊んでるお金を回せばどうか」という事です。


公務員給与カット、議員定数削減、独立行政法人廃止など、他にもいくらでもやれる事はあるはずです。


ただし、この国は官僚に支配されてますから、これらは実行不可能だと思います。
どんなにいい案があっても、政治家が官僚の操り人形では話になりません。


もし仮に消費税を上げるのであれば、欧米式で品目別に分けるべきです。
生活必需品の消費税率をゼロもしくは引き下げ、その他を3段階程度に分ければいいと思います。それは結果として「累進課税」に近いものになると思います。
賛成派がよく言う「欧米に比べて・・・」というのであれば、そういうところも欧米に合わせればいいです。他の国に出来て日本に出来ないはずありません。

ちなみに、日本政府の税収のうち消費税収が占める割合は約22%程度ですから、現状でも既に欧米並みです。
イギリス・スウェーデンが共に約22%ですから、だいたい日本と同じぐらいです。


文字数の関係で細かく書ききれませんけど、消費税最大の問題点が「大企業だけがおいしい思いをするシステム」という事です。
2007年には、自動車・家電の大手10社だけで1兆円以上の還付金を受け取ってます。もちろん、下請け企業にはその分を無理やり値引きさせてますから丸儲けです。税率が上がれば上がるほどおいしいシステムなのです。経団連が必死に増税を要求しているのはそのためです。
こういうシステムを根本的に改めない限り、税率なんかどんなに上げても意味ありません。
こちらをじっくりご覧下さい。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1155329906

過去の失敗の歴史に学ぼうとしない「消費税増税一辺倒」の主張をする人というのは、リンク先に書いてるような『おいしい思いをしている』、あるいは『経済の基本を分かっていない』、どっちかじゃないかと思います。

2011/2/1700:17:54

借金返済の積み立て10兆円をやめるのが先だ。

gptjagtaさん

編集あり2011/2/1622:26:34

消費税にアンケート調査で賛成してる貧乏人ってバカですよね~~

たぶん消費税に賛成してる貧乏人って

みんなが公平に負担すると思って賛成してるんでしょうけど

コレ結局、大企業がボロ儲けするんですよね

大企業の多くは国内より輸出が主力ですが

外人から消費税とる訳に行かないので、結局、大企業が払った消費税は還付され

しかも、消費税と引き換えに実施される法人税減税で儲かり

消費税分をなかなか元請けに対して値上げ出来ない下請けは結局元請けに値切られ

経営悪化でバタバタ下請けは倒産

失業者増、景気悪化で全体の税収も減、

結局、国の赤字も増加の悪循環

コレは前回の2%増税の際で確認済みで

質問者様ご指摘の形で、

歳出構造を変えないでの増税による税収増なんて有り得ないんですよね

ホント貧乏人って、自分の首を締めるのもわからずになに考えているんでしょうね~~

ま~~全体を考えられないから貧乏人のままなんでしょうけど

momix3998555さん

編集あり2011/2/1703:14:56

貴方の他のコメントを見て良く解ったよ。

この親にしとこの子あり。
貴方の両親は老後の生活の蓄えも貴方への愛情も余り注いで来なかった。結果、病で倒れたが自分達では解決方法が見つからず貴方にすがったが見捨てられた。貴方は両親が老後に感心がないように、政治に感心がなかった。コメントを見て、ほとんど何も知識がないのが解るから。先の選挙まで選挙は行かなかったでしょう。選挙も行った事ないかも。でも、両親が脳梗塞になって手遅れになったように政治家は自分勝手をやる人達が増えて手遅れになってた。その時になり両親が貴方にすがったように貴方は民主党当たりにすがったのでしょう。でも貴方が両親を彼女の為に見捨てたように民主党も、頑張っても増税は避けられず多少頑張っても非難されるなら騙して政権を取り好き勝手やろう。今まで政治を放置して政治に不満を言うなど知らんでしょう。貴方は国民も貴方にも責任はあり増税は避けられないのに貴方は何も犠牲は払わず自分達も、ある程度犠牲は払うと言う人達にお前らだけで苦労しろ。俺は苦労など少しもしない。本当は俺だけ良ければ構わないと言っていて同じ考えの人達に賛同して貰いたいのだね。

u7m55jxbさん

2011/2/1621:51:56

あなたの言う通りなのですが、あなたはこれらが全部短期間で実現できると思いますか?全部出来るまでは税金を上げないと言っているうちに、財政がもっと悪化してしまったら、いくら「政府の責任」と言っても影響は全国民に及んでしまいますよ。
消費税に賛成する人は何も好き好んで賛成してる訳じゃありません。誰ひとり税金が上がって得をする人はいないのです。でも、それよりも政府財政がどうしようもないところまで行ってしまうのを恐れているのです。

消費税増税に反対と言っている人は、何か「他人事」のように見えます。実際に自分に被害が及ぶことはないと思っています。
経営不振の会社を立て直すには、経費節減だけじゃできません。増収と経費節減を「同時にやる」のが常識です。
経費節減や無駄の撲滅は必要ですが、絶対にこれを先にしないと、増税が認められないという頑なな姿勢では日本は救えないと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。