ここから本文です

弁護士の彼から慰謝料を請求することはできますか?

kim********さん

2011/2/2015:00:24

弁護士の彼から慰謝料を請求することはできますか?

3ヶ月前に35歳の弁護士の男性から真剣交際を希望され、真剣に結婚を前提にお付き合いしてくれるという確認が取れたのでお付き合いを始めましたが、仕事を理由にあってくれなかったり、連絡がとれなかったり怪しいので
たびたび
「私と真剣に付き合ってくれているよね?」
「心配だけど私はあなたの彼女だよね?」
「結婚を前提に付き合っているよね?」
と聞きましたが答えは
「心配させてごめん。真剣に付き合っているよ」
というものでしたが、やはり既婚者のようです

現在探偵をつけて調べておりますが

もし、既婚者だった場合に、彼に慰謝料を請求することはできますでしょか。

私は、まじめに付き合ってくれると信じていたのでこちらがこうむった精神的ダメージは
大きいです。

上記のような彼に対する質問や、彼から真剣に付き合ってほしいといわれたメールなどは
すべて残っております。

ただ、弁護士という職業上、有利に働き慰謝料請求がうまくいかないことなどあるのでしょうか。

補足埼玉弁護士会所属の弁護士らしいのですが
懲戒制度とは所属弁護士会の窓口に申請するらしいのですが
埼玉弁護士会は窓口がネット上にありません。
電話で説明するべきでしょか。

できるだけ証拠を残したいのでメールや文書で申請したいのですが
どうしればいいのでしょうか。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
9,346
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nig********さん

編集あり2011/2/2022:42:45

懲戒請求をするときは、埼玉弁護士会の綱紀委員会あてに
懲戒請求申立書を6通送ります。郵送でいいのです。
口頭での申立はありません。
書式はA4サイズ縦に横書きでワープロしたほうが読みやすいです。
こんな感じで↓

埼玉弁護士会綱紀委員会御中

懲戒請求申立書

平成○年○月○日
申立人 氏名と押印
1、当事者

貴女の氏名・住所
懲戒したい弁護士名・住所(事務所でも)


2、申立の趣旨

懲戒請求相当との議決を求める

3、申立の理由

(1)既婚者であることを偽り、結婚前提の交際と騙されたこと

最初に、わかりやすく10行前後程度で概要を書きます

(2)「 具体的な言葉を書きます 」と言われて交際を申込まれたこと

いつどこで知合って、どのように申し込まれて交際するようになり、
どのような具体的な言葉で騙されて裏切られたかの経緯を、
(3)(4)(5)と、話題ごとに区切っていって書けばいいのです。
大切なことは嘘は書かずに、
しかし、貴女の不利になる点は省いて(書かない)
貴女に有利になるように演出して書けばいいのです。
脚本家か演出家になったつもりで、
貴女の文章を読んだ他人(綱紀委員の弁護士)が
何て酷い! 弁護士としての品性に欠ける言動だ!
と、感じてくれるように書きましょう。
図書館かどかに行けば、弁護士法という小さな六法みたいのがあります。
日弁連に連絡すれば「自由と正義」の「臨時増刊号」のバックナンバーで
1,000円くらいの弁護士職務規定の解説本が買えます。
どういう事案だと懲戒相当となるかは
「コモンベーシック弁護士法(だったかな?)」という本が4000円弱で売っています。
弁護士に裁判で勝ちたいときは、
弁護士役割論5~6000円くらいの本に事例(判例)が紹介されています。

さっさとその弁護士に電話でもして証拠を集めたほうがいいと思います。
貴女が10代後半か20代前半とか若ければ有利です。
貴女に恋愛経験が少ないほど騙された、と、認められやすいので
(麻木久仁子みたい40代じゃ騙された、は無理!)
彼にバレてないか、彼が証拠を持っていないことが確実なら
彼との交際が初めてでした。
私は結婚まで貞操を守りたくて大切にしてきたのに
結婚を執拗にちらつかせられて踏みにじられました。
メールに残っていないけれど会っているときや電話で
独身だから安心してと何度も言われてきました、
と、書いたほうが、当然のことながら認められやすくなります。


補足前↓

そうですね、ご心配の通り、
受任してくれる弁護士を探すのは大変だと思います。
別に裁判所では、弁護士相手でも肩持つことはしませんが。
実際、弁護士相手に勝訴している人は居ます。
しかし・・慰謝料といっても50~100万程度ではないかと思います。

また、彼がどんな職業であろうと無関係に、
彼が未婚・独身だと貴女に信用させるように言った証拠がないと難しいです。
通常、独身だと嘘をついて不倫する人が少なくないせいか、
いくら未婚だとか独身だと男が言ったからといっても、
それを信じるに足るそれなりの客観的証拠がないと
大人として思慮が足りないとされ、
逆に奥さんから慰謝料請求されてしまう立場になってしまいます。

それに、貴女の場合は、
何度も彼に不信感を尋ねている様子があるので、
信じていた、
という貴女の言い分を裁判所が認めてくれるのは難しそうかも・・。

たぶん、彼はこう↑言い訳してくると思いますよ。
きっと、貴女からのメールも相手は保存しているでしょうし。

悪さする弁護士はいても、
その弁護士に慰謝料請求するのを受任する弁護士となると
探すの大変なような気がします。

弁護士が事務職員にセクハラしようが
じゃ、同じ事務所で働いている別の弁護士が、
同僚か先輩か後輩弁護士をセクハラで訴えてくれるのか?
となると、答えは、ほぼまちがいなくNO!・・です。

弁護士を訴えてくれる弁護士じゃないと
大抵は、嫌がる弁護士さんのほうが多いと思います。

裁判そのものより・・というか、裁判自体だって
貴女からシツコク言い寄られた、などと言い出しますよ、大抵。
受任する弁護士を探すことで苦労しそうなように思います。

結婚を前提に付き合って欲しい、僕は独身だ、と彼が言っていたことの証拠が必要です。

コレ↑さえあれば裁判でも有利になるし、懲戒請求してもいいくらいです。

彼としては裁判よりも懲戒請求のほうが嫌がると思いますよ。
だって、所属弁護士会の綱紀委員の弁護士たちに審理されるから。

質問した人からのコメント

2011/2/26 13:47:58

結局未婚でしたが同棲相手がいました、懲戒請求頑張ってみようと思います

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

asa********さん

編集あり2011/2/2210:09:09

らしいではなく本物の弁護士かどうかを名前で検索することです。
偽の弁護士の可能性が多いにあります。
名前が見つからなければ99%偽者です。

本物であれば次に既婚かどうかを調べることです。
探偵を雇うなどは愚の骨頂です。
住民票を取るか戸籍謄本を取ればわかります。
司法書士か弁護士に依頼すればかんたんに多分安価に取れます。

その上で本物の弁護士で既婚者であれば
慰謝料の額が払える程度であれば極めて回収しやすい業種だと思います。
なぜならこんなことが公になればみっともなくて
今後の弁護士活動ができないからです。

簡単なことをあまり難しく考えるとあなたの望まない結果になりますので
ご注意ください。

jfo********さん

2011/2/2015:50:47

既婚者て知らんかった場合、分かってからもズルズルと付き合うことさえしなければ、十分に慰謝料請求できるで。ズルズルなければ相手の妻からの請求はできひんし。できひんいうのは、裁判とかで求めても請求棄却されるて意味な。

あなたが弁護士つけずにやると、そら相手が有利やろね。弁護士て正義感強い人多いもの、そいつみたいな糞弁護士相手なら引き受けてくれる弁護士も結構おるで。裁判官も弁護士て偉いとはちいとも思っとらんもの、弁護士つければあなたが有利と違うかな。

gre********さん

編集あり2011/2/2100:42:08

可能は可能です。他の人の言う通り、弁護士は弁護士仲間を窮地にさらす事(女性問題等、個人のプライバシー的な事に限ります)に非常に強い嫌悪を感じます。何も知らない新人か怖いもの無しの信念一筋のベテラン弁護士ぐらいでないと相手してくれないかもしれません、また、女性の弁護士なら理解はあるかもしれません(ただ、これは一概に言えません)。懲戒請求も一つの手ですが、細かな立証が必要です。

深傷を負う覚悟が無い限り(あるなら弁護士を探しまくれば良い話ですので)、悪い相手につかまったと思って、相手と二人で話し合って心の痛みをうったえて涙で過去を流して忘れる方が良いです。

ただ、奇跡的にか弁護士の女性トラブル(このような悪質なケースの)は私は初めて聞きました。貴方がよっぽど魅力的過ぎたか(こっちのような気がします)貴方の彼は相当悪質な人だと思います。

話しがそれますが、もしかしたら、奥様と別れて結婚するつもりだったら、行動はともかく気持ちは本気かもしれません。

更に話しがそれますが、弁護士の仕事って法律上の数学的感覚が四六時中頭につきまとうので、仕事を理由にしょっちゅう(土日含む)会えないなんてケース全く珍しく無いですよ。結婚していて一緒に住んでいても、結婚記念日にすら会話無い(愛が無いといった理由ではないです)人居ますし、内容に守秘義務がつきまとうんで不必要に外部と接触しないような感覚もあります。それに35歳位なら若手ですので積み重ねが大事な時期です。仕事に熱心は必要至極ですし、貴方との結婚のためにより頑張ってるかもしれませんよ。もし結婚していなかったら、確実に仕事内容を理解してあげたら負担は無いと思います。

補足読みました。
私はそこの弁護士会には縁はありませんが、距離が近いようでしたら直接そこの弁護士会に出向いたら用紙をもらえるはずですし、やり方教えてもらえますよ。

k99********さん

2011/2/2015:11:16

請求できるか?という問いならばできる。ただし、既婚者であるならば婚約は成立しないので婚約破棄の慰謝料請求したところで法で認められることは無い。既婚者であることがわかった時点で別れないとあなたが不倫として弁護士の妻に慰謝料請求される可能性がある。

なお、「弁護士という職業上、有利に働き慰謝料請求がうまくいかない」ということはない。ただ、弁護士ならばうまい言い逃れを自由に思いつけるでしょうな。

復讐手段としては、彼の妻に浮気の事実を暴露し、かつ、本件が弁護士として不適格な行いであるとして弁護士会に懲戒請求すること。このくらいでしょうか。慰謝料請求して彼が素直に支払えば良いですが、それを拒否された場合は泣き寝入りしかありません。

tak********さん

2011/2/2015:08:37

質問内容から判断して、メールのやり取りが残っていたとしても慰謝料請求は難しいですね。

これは相手が弁護士でなくても同じです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる