党首討論。一方は「総裁」、他方は「さん」、これはどうでしょうか? 細かなことで恐縮ですが、管さんは谷垣さんを「総裁」と、一方の谷垣さんは管さんを「さん」づけしてました。谷垣さんが管さんを軽んじている印象

政治、社会問題130閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いや、失礼しました。確かに、谷垣さんは冒頭で「総理」とし、そのあとで「さん」で呼びかけています。また、管さんは冒頭で「さん」とし、その後「総裁」とも使っていますね。私は、どうも冒頭部分が飛んでしまったようです、申し訳ありません。他の回答者の皆さまにも、お騒がせしましたことお詫びします。事実は小説より何とやらでした。

お礼日時:2011/2/23 22:26

その他の回答(4件)

0

あなたのおっしゃるとおりです。谷垣総裁は元文部大臣の父を持ち若いときからえらそうにしていたでしょうね、それが高じて総理さえ敬えない、私ほどの者がどこにいるかと言わんばかりです二世議員のおぞましさです。谷垣総裁は口ではいかにも丁寧な口調でしゃべりはしますが常に相手を見下しているのです誰であろうと。 いやらしいやつですよ。我々は過去4代の総理大臣で二世議員のおぞましさをいやと言うほど見せられましたね自民党を支持する人はまたまたこれを繰り返したいですか。

0

このへんが現状のパワーバランスが如実に現れ面白い所ですよ。たとえば支持率が50%を超す国民に認められた首相であるならば、あなたと同じ意見が少なからず国民からわき上がることでしょう。 谷垣氏はもともと生徒会長的で荒々しい尋問はぜず、鳩山前総理とのやりとりでは当初攻撃力不足が指摘されてました。このことからやや攻撃的な姿勢にイメージチェンジを図ったように思います。与党を追いつめるのが野党の仕事ですからね。 今の首相は明らかに追いつめられているので、うまくいけば小沢氏の証人喚問や解散の言質をとれるとみて意図的に首相のカンに障る口調で討論に臨んだのでしょう。

0

うーん、言われてみれば確かにそうですね。 それが、正しいと思います。 でも、谷垣サンの気持ちも分かるわ。 間違ってもイヤミ以外で菅を「総理」だなんて呼びたくない・・・。