ここから本文です

昔、旅館の女風呂は男風呂に比べて小さかったり眺めが悪かったりで貧相だった。そ...

foi********さん

2011/2/2714:30:13

昔、旅館の女風呂は男風呂に比べて小さかったり眺めが悪かったりで貧相だった。それが最近では同等もしくは女風呂のほうが立派?な所もある。その劇的な変化はいつから?またそのきっかけになった事は何?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
346
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaz********さん

2011/2/2809:36:27

こんにちは。

私が子供のころ(30年ほど前ですか・・・)には、まだその傾向が強かったですね。

これには、以前の温泉やどのビジネスモデルが、職場といった単位での宴会需要によっていたというのが、大きい理由ですね。

昔は、職場も女性進出があまり進んでおらず、職場旅行は(人数的には)男性中心でありました。集団で入浴することが多いですから、男女でどうこうというよりも、男風呂である程度の広さを確保しないと、実質上処理が無理だったんでしょうね。


その後、職場旅行=温泉で宴会 というながれが薄まり、個人旅行需要が増え、旧態のマンモス旅館が苦戦を強いられているのは、ご存知のとおりです。個人ベースですと、いろいろなヒキが考えられますが、女性客というのも大きな要素になりますので、お宿によっては女風呂のほうを大きくしたりもありますよね。旧来の大小のお風呂を持っているところでも、入れ替え制をとるところも多いですね。

きっかけとなった事件のようなことは無いと思いますが、トレンドが変化していったということでしょうね。
いつからというと難しいですが、昭和50年代くらいではないでしょうか?

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nat********さん

2011/2/2718:10:55

昔は温泉宿のターゲットは男性客だったので、お風呂も男性の方が良かったですよね。温泉=男性の遊び場でした。会社の社員旅行といえば決まって温泉。ところが、バブル崩壊後社員旅行が激減しました。温泉旅館は閑古鳥が鳴きつぶれるところもふえました。
社員旅行が減った代わりに旅行会社の安いバスツアーが人気を集めました。このツアーの参加客は殆ど中年の女性グループが占めています。子供が独立して時間とお金に余裕がある人や退職した人達が自分の人生を楽しむ時代がきたのですね。
働く女性が増えたこと、家計だけでなく夫婦の旅行や日常の買い物の主導権は妻がもっていること、そして女性は自分が気に入ったものには金を惜しみませんが、その評価基準もきびしいという理由からではないでしょうか。
女性は満足しないとリピートしませんからね。
たとえば食事にしても、本当に地元の新鮮な食材を使った、創意工夫を凝らした、他では味わえないような料理出さないと満足しません。もし満足すれば、高い金を惜しげもなく払います。お風呂にしても同様ですね。
私も食事&お風呂を基準で宿を選びます。

man********さん

2011/2/2714:38:48

テレビで 7~8年前位から 女性の旅物語とか温泉宿巡りなどが 放送されたのがきっかけです。


最近は どんな田舎でも トイレ(オシュレット)と露天風呂が綺麗に成りました~ね。


女性客が多いとこ程 良くなっていますょ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる