ここから本文です

光合成色素について。学校のノートに クロロフィル 赤青の吸収→光合成 フキコサ...

ELZAさん

2011/3/417:22:41

光合成色素について。学校のノートに
クロロフィル 赤青の吸収→光合成
フキコサンチン&フィコエリントリン緑&青の吸収→エネルギー→クロロフィル
と書いてありました

意味不明です
多分こんな感じっていうのあったら答えてください。

閲覧数:
1,227
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2011/3/418:56:12

光合成における反応中心クロロフィルとアンテナ色素のことでしょう。
「一般に光化学反応を引き起こすためには、反応する物質が吸収できる波長の光で、その物質を励起することが必要である。光合成では、光エネルギーによって最終的に励起されるのは、反応中心クロロフィルと呼ばれる、タンパク質によって特別な環境におかれたクロロフィルaの二量体である。光化学系Ⅱでは680 nm、光化学系Ⅰでは700 nmの光で励起されて初期電荷分離の反応が起こる。
光合成の特徴は、反応を引き起こすために必要な光エネルギーを集める働きをする色素、すなわち光を吸収して反応中心にわたす働きを担うアンテナ色素タンパク質複合体が存在することである。これらの複合体では、色素が特別な配置で高密度に組み込まれて、幅広い波長の光を吸収し活性中心に効率よく送り込んでいる。この複合体がなければ、光合成による太陽エネルギーの利用は、地球上では成り立たたないと言われている。すべての光合成生物がそれぞれ特有のアンテナ系を発達させている。おもなアンテナ色素タンパク質複合体にはフィコビリタンパク質(ラン藻や紅藻など)・フコキサンチン-クロロフィルa/cタンパク質複合体(褐藻と珪藻)・集光性クロロフィルa/bタンパク質複合体(緑色植物)などがある。
緑色植物のカロテノイドでは、α-カロテンに由来するルテインやシホナキサンチン・シフォナイン(ミルやヤブレグサなど深所に生える緑藻など)がアンテナ色素として働き、一方、β-カロテンは反応中心を保護するはたらきをしている。さらにβ-カロテンから合成されるビオラキサンチンはアンテナ色素タンパク質に組み込まれて、キサントフィルサイクルとよばれる機構によって過剰な光エネルギーを熱として消失させる働きを担っていることが知られている。 」
http://www.biomol.sci.toho-u.ac.jp/glossary/bio/photosynthetic_dye....

反応中心のクロロフィル・タンパク複合体は少しあるだけで、多くの色素が色々な波長の光を集めて、次々と反応中心に光エネルギーを集中する仕組みになっている。これによって連続的な光合成反応が可能になる。(何しろピコの世界なんです。次々光エネルギーを供給しなければならないのです)これがアンテナ色素です。クロロフィルも反応中心になければ、アンテナ色素としての役割をしています。

クロロフィル 赤青の吸収→光合成
フキコサンチン&フィコエリントリン緑&青の吸収→エネルギー→クロロフィル(前半は反応中心、後半はアンテナ色素の説明がされたのでしょう。しかしこのようなまとめでいいのか疑問に思う。反応中心とアンテナ色素のことを調べてください)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる