ここから本文です

ハーグ条約批准に関して、お世話になってる法務省に離婚ビジネス弁護士どもがたて...

eki********さん

2011/3/616:52:38

ハーグ条約批准に関して、お世話になってる法務省に離婚ビジネス弁護士どもがたてつくのはなでぜですか
親子を引き離して生計をたてている、生業(なりわい)弁護士には本当に困ったもではないでしょうか

<政府関係者の委員会答弁>

[黒岩法務政務官]
理由なく一方の親が他方の親の同意なく子を連れ去ることは適切ではないと認識している。
離婚後の親子の面会交流は、当然子どもにとって重要なものであると認識している。
面会交流の適切な実現のために、面会交流の意義について理解を深めることが重要であると認識している。
共同養育計画の義務付けは離婚の際に、適切に取り決められることが望ましい。
ハーグ条約の重要性は法務省として当然、認識している。関係省庁を含めて法務省として国内の法整備を検討続けていきたい。

[伴野外務副大臣]
外務省としては出来る限り早く(ハーグ条約批准について)


これに対して両性の平等委員会(日弁連)の見解は・・・
親子の引き離しは合法!!!
倫理的にどうなんだろう??
紛争による自分たちの利権を守るために、支離滅裂の説明をしているもんなぁ
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/report/110218.html

両性の平等委員会よ、チルドレン・ファースト(子どもの最善の利益を)だよ。

閲覧数:
492
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

caf********さん

2011/3/710:43:00

ハーグ条約批准肯定派です。

リンクを読みました。大丈夫だと思いましたよ。
日弁連が一番懸念してるのは、日本人妻への刑事訴追の免除、ですね。

日米で今まで法律が違ったんだから、
今までした事については勘弁してもらってね、って内容です。
その懸念が払拭できないなら反対、できるなら批准ですね。

とはいえ、国外で麻薬所持だけで死刑になった邦人もいるわけですから、
国と国との法の違いを安易に帳消しにできるものとは思えませんが。
彼の国に居住してそこの住人として暮らす事に同意して行ってるわけですからね。

仮に刑事訴追を受けたとしても、それを弁護するのが弁護士の仕事だろ?と。
政治ではなく、司法の場面で頑張る事が、本来の弁護士の職責だと思います。

ですから、この意見書はあくまで参考程度に止め、
どんどん批准を進めてしまって構わないんだろうと思います。

まぁ、彼の国で犯罪と認められる行為を起したのですから、
それだけでもかなり、日本人妻たちに甘い裁定を求めてるとは思いますが。
麻薬所持だけで死刑になった中国の邦人も不憫になってしまいますしね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bok********さん

2011/3/821:19:06

シングルマザーの利権構造崩壊が嫌なだけでしょう。日本人の母親には子供を金のなる木程度に思っている方もいるのでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる