ここから本文です

ゴルフスイングでバックスイングの時、右ひざが流れないようにするにはどうしたら...

アバター

ID非公開さん

2011/3/900:18:32

ゴルフスイングでバックスイングの時、右ひざが流れないようにするにはどうしたらよいですか。

ゴルフスイングでバックスイングの時は、右ひざで上半身の回転を受け止めるようにといわれ
なんとか我慢しようとするのですが、どうしてもできません。

右ひざだけでなく、右腰も余計に回ってしまい、その結果、かっこ悪いオーバースイングに
なってしまいます。

右ひざでなく、腰をアドレスの位置から回転させないようにすることはためしているのですが
肩を回そうとすると、どうしても右ひざも腰も余計に動いてしまいます。

ひとつ試してみてそれなりにできたかと思っているのが、下半身をアドレスの位置のまま体を
回さずに、手だけで軽くトップの形を作ってみると形的にはそれなりになっているかと思われる
のですが、下半身と上半身のねじれによるバックススイングの力を蓄えることができていない
ことから、これはきっと違うんだと思ってます。

ちゃんと体を回してバックスイングでの力を蓄えつつ、右ひざをうごかさないようにするには
どうしたらよいのでしょうか。

閲覧数:
12,654
回答数:
23

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

man********さん

編集あり2011/3/1111:51:53

スウィング全体の事はさておいて、そこだけを考えると股関節が硬いんでしょうね。



関節にはその役割によって数種類有ります。

膝や肘関節や指等は一方向しか曲がらない様に出来ています。

頚椎や腰椎は椎間板で捻るのと曲げるのを同時に行えますが、構造上少ししか動きません。
ですが沢山集まる事により思いの他色々な動きをこなせます。

最後に肩と股関節だけはグルグル回る様に出来ています。

歩いたり座ったりする事で前後方向の動きは普段から使っているので誰でも出来ます。

しかしながら、大腿骨を中心に円を描く様に骨盤を回転させるって事は、非日常的な動きなので動かせない人が多いのです。

特に男性は元々関節が硬く、筋肉も大きいので可動域は小さめです。

それ以前に男性は大腿を外方向に動かすのが得意で内向きは苦手です。

女性はその逆で、ペッタンコ座りを男性が苦手なのはそのせいです。

股関節の動きを良く理解して毎日ストレッチを行えば半年~1年で簡単に出来る様に成ります。

そのストレッチにより太腿回りや、腹斜筋も鍛えられてきっと良くなると思います。

大リーグのイチロー選手が良くやる、相撲のシコを踏む様なストレッチは股関節をほぐして打撃に備えているのです。



インパクト後に左サイドが延びて、左のケツが後に逃げるのも同じ理由ですので本当に上達したいなら忘れないで下さい。

そこが硬い限り、膝を流すか、骨盤を傾斜させるか、ケツを後に逃がすか、上体の捻転を諦めるかのどれかを行うしか方法は有りません。

股関節が柔らかく成りさえすれば、無意識で捻転しても膝は流れなく成りますよ^^

追記

後もう1つ^^

釘を斜めに打つと曲がるよね?

釘を真上から打つと曲がらない。

そんな現象が起きてるのかもしれない。

膝に力入れても駄目だよ^^


その場でやって欲しい事が有る。

真っ直ぐ立って両足をスタンスの幅に。

手はどうでも良いし前傾角は取り合えず要らない。

そこで肩を水平に回す。

骨盤も膝も全部が一緒に回ってテンションもへったくれも無い。

じゃあ背骨だけちょっと右に傾けてみる。

頭を拳骨1個くらいで良い。

その状態で同じ事やると右脚に乗ってないか?

乗ってるって事は膝が流れないって事だ。

でも股関節硬いと限界が低く膝は前記の様に流れ出す。。。

プロの写真等を見てもらえば解るが背骨の右への傾きが無い人は皆無だ。

右肩が下がっているのはそのせいで、右手のグリップの方が遠いから無意識でそうなる部分も勿論有る。

スウィングが全てがリンクしている事を忘れないで練習に励んで下さい^^

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/22件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fal********さん

2011/3/1421:37:07

右足カカトを若干浮かしてテイクバックしてみてください。

hyp********さん

2011/3/1100:31:43

バランスの崩れを右膝に負担させようとする事自体が間違い。
そもそも右股関節というのならまだしも右膝で上半身の回転を・・・・などということが大きな間違い!
スイングにおいてバランスの重要性が理解できればその程度の基礎の基礎は簡単にクリアー出来る筈。
理解できないから難しいだけなのだ。
力ではなくバランス、それが実感出来るまでとことん悩むことだ。
専門知識と特別な器具を使わなければ右脚を止めるだけで簡単に1~2年はかかるだろう。
インサイドにバランスが崩れればバランスを取ろうとして膝が動く(これは少しサービスし過ぎかな・・・)
バランスを崩す原因はなんだ?
『スイングはバランスの上に成り立っている』ここを意識すべきだ。
予言しよう、先の回答者達21人のくだらぬ薀蓄に耳を傾けていても膝は絶対に止まらない!

ice********さん

2011/3/1014:01:13

スイング軸の基本概念が間違っているのでは?


テークバックで右足の内側に少し力をいれながら

こちらを参考にするとイイかもしれません

http://www.facebook.com/pages/シンガポールでゴルフレッスンSingapore-Golf-Lesson/202674789759177

kim********さん

2011/3/1005:08:54

いますいます・・、私の先輩がそうです。
上と下がくっついているんですね。先輩はレッスン歴数年に及んでいました。
先輩に言いましたよ、幼馴染みでもあるのでズケズケと・・・・、
「○○ちゃん、プロに治されたかったの?」
『治すように教わったけど出来ないんだよ!』・・・・って言ってました。

慣れ親しんだ動きなもんで、正しい体使いを教わっても違和感の塊状態、それを続けることによって矯正されるのに続けられないんでしょうね、きっと。
要は、自分が知らない体使いを受け入れようとしないんだと思います。程度の差はありますが、上と下つまり上半身と下半身がくっついている方がとても多いですね。かく言う自分もそうでした。プロに体を持たれて体使いを教わりましたが、「まさか!こんな動きじゃボールに当てることなんか出来ない!!」と思いました。

右膝はテークバックの時不動というわけではありませんね。右へ流れる流れない境目があると思います。右足の外側で体重を感じたら右膝は流れています。トップでも右足内側に体重を感じていなければならないと思います。
それでは、知らない体使いのテストをやってみましょう。
*椅子に浅く腰をかけ、脚を大きめに開き、背筋を伸ばします。
*右手を左肩に、左手を右肩に置きます。
*腰から下は動かさずに肩だけを右に止まるまで回します。
因みにですが、この状態から、この捻転差をキープしたまま両膝を左に倒して見て下さい。
これが切り返しなんですね。捻転差を解きにかかりませんでした?
次ぎに、
*直立して壁に向いて、両手を突き出し、壁に少し体を預けて下さい。なおれをして、体全体の向きを左へ90度回します。
*両足を開いて両腕を突き出します。
*腰から下は不動にして、肩を右旋回し、壁に両手をつくようにしてみて下さい。腕だけ右へ回してはいけません。両肩と腕の位置関係はそのままに、です。

これが出来れば、単に知らない動きだから出来ないというだけの事だと思います。後は、体に馴染むまで続けるだけですね。
不自然な体使いと感じると思いますが、その感覚が普通、当たり前だと思います。
頑張って見て下さい。

oht********さん

編集あり2011/3/1000:20:14

多少は動くと思いますよ。
私がやっている方法は、アドレスから膝の弾力を保って、ハーフウェイ・バック以降は下(地面)に体重をかけ、背筋(と腕)の動きを慣性に任せ、右股関節に捻じれの力が貯まりトップに至る、という感じです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる