ここから本文です

モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック ル・グラン 146(ブラック)について教え...

aae********さん

2011/3/1222:08:20

モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック ル・グラン 146(ブラック)について教えてください。

通販で146を購入したのですが、気になる点があるので、詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

①ペン先の裏を見ると半円のような窪みがあるのですが、あるサイトの写真(http://www.pen-house.net/detail/detail00776_001.html)を見ると窪みはありません。モデルチェンジがあったのでしょうか?なお、プラチナラインの写真(http://www.pen-house.net/detail/detail00791_001.html)には窪みがあり、私の万年筆のペン先も同じ形です。

②万年筆は51500円で購入したのですが、73,500円の定価に対して、このようは販売価格で利益は出るのでしょうか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
3,873
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lov********さん

2011/3/1310:35:34

先ず、商品の真贋について回答します。
ペン芯のみについて判断すれば、146/P146のペン芯の違いは問題ありません。
P146の販売初期の物は、質問者が掲載する146の写真同様に、孔(窪み)のない物でしたが、現在は孔(窪み)のある物になり、フィン数も増えているようです。

また、146のペン芯については、各時代に変更が繰り返され、146の製造年代を特定する重要なポイントになります。
以下に掲載した写真のように、私の持つ’80年頃の146は、貴方掲載の写真のペン芯と違っているのがお分かり頂けると思います。
特に、エボナイト芯から樹脂芯に変更になった時に、大幅に変化しました。

この様に、以上のように、2つの写真を見て、問題ないと判断します。

次に、販売価格についてコメントします。
モンブランがリシュモン傘下になって以降、特に1990年代後半から高級化路線への傾斜が目立つようになり、2000年以降の時計事業の成功から、更に高級化が急速に進められ、現在に至ります。
2000年以降は、価格更新(値上げ)が頻繁に行われ、近い将来はモンブランショップでの販売に集約しようとの動きが感じられます。

1970-80年代のモンブランの価格は、ライバルであるペリカンと余り変わらぬ物でした。
それが、現在では大きく違い、ペリカンに比べると非常に割高な価格設定になっています。
従って、ペリカンでも経営が成り立つのですから、モンブランが質問文にある様な価格であっても、モンブランやその他流通のマージン率が少し悪化する位の事で、経営が成り立たない訳ではありません。

前出したように、モンブランの普段の価格には、多額のブランド料が含まれているのです。
従って、製品の製造コストを下回る訳でもなく、十分に利益はあると思います。

以上ご参考に!!

先ず、商品の真贋について回答します。...

質問した人からのコメント

2011/3/13 21:39:43

もっとも詳しく回答していただいた方をBAとしたいと思います。
furisakemirebakasugaさん、bungupenさん の回答もありがとうございました。大切に使っていきたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2011/3/1321:36:07

モンブランは元々、小売店の利益率が高く設定されていたので日本で能く売れたのだそうです。
テストモデルも日本で販売されるほどでした。

さて、閑話休題
146は、60年代ぐらいか、一時期中断を挟んでいますが、1950年代から現在までずっと作り続けられてきた万年筆です。
そのあいだに技術の進歩によってあまたのモデルチェンジが行われてきました。
本物と考えて間違いないでしょう。

追記
lovenoricさんの仰っていることに対する訂正
モンブランの利益率が高かったのはブランド化する以前のことです。
もちろんブランド化した以降も高かったのでしょうが、ダイヤ産業が代理店をしていた1970年代あたりの話を私は取り上げています。
その頃はスーパーでも取扱がありましたし、ブティック展開なんてしていませんでした。

bun********さん

編集あり2011/3/1223:18:27

①ペン先(刻印、形状、素材)が製造年によって異なる様に、ペン芯も何度か変更があります。
添付URLの画像のどちらも本物で間違いないので心配は無用です。インターネットで「モンブラン 146 ペン芯」とでも検索して頂ければ、ペン芯の画像なり解説が見つかるかと思います(…多分)。是非時間がある時にでも、ご自身で探してみて下さい。
ペン先やペン芯だけでなく、他の部分も色々とマイナーチェンジを繰り返している事が分かるかと思いますよ。
②通常相手も商売ですので利益はある筈です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる