ここから本文です

今起きている原発の放射能の問題を解決できる方法として、空気中の成分を使えばい...

cre********さん

2011/3/1823:11:20

今起きている原発の放射能の問題を解決できる方法として、空気中の成分を使えばいいらしいのですが、専門知識が無いため、皆様のお知恵をお借りし、練りあって答えを出したいのでよろしくお願いします。

原発の問題について、放射能を封じ込める方法があるらしいのですが、
そのやり方は、以下の内容から専門知識のある方に考えていただいて、
教えて欲しいのですが。
・・・と言っても、その考える情報は実に断片的でして、詳細が不明な点もあるのですが、この答えが今回の問題解決に繋がるらしいのです。

ある方から聞いた内容なのですが、それが専門的にわからないことから、詳しく伝えられないそうです。

どうかお知恵を貸して戴き、政府、東電、防衛庁、消防庁の方々の力になれるといいのですが。

以下↓

地球を包む大気の下層部分を構成して、生物にとっての命の素でもあるのが 空気のうち、窒素が約5分の4、酸素が約5分の1の混合気体で、この他には、アルゴン・二酸化炭素・ネオン・ヘリウム・メタン・クリプトン・亜酸化窒素・水素・オゾン・キセノンなどがあります。

物質が構成される原子が、自然に壊されて出す性質の現象が放射線。
その放射線はα線、β線、γ線があり、この放射線の何かの部分と空気の成分の中からの性質を利用して、高濃度の放射能物質を封じ込められると言うことを知ったのですが、それはどういうやり方ですか?
このやり方で解決するらしいのです。

その放射線の中でも電磁波(γ線)の働きが大きいとも言われているそうです。

電場と磁場が時間的に変化のない時に、放射線の電磁波γ線の強度を上げるか下げるかとか・・・。

どう表現していいのか分からないのですが、電流、動く電荷、動く磁石の回りに電場と磁場が合体するところの問題と、それぞれが単独で存在する問題点?。


ウランの核分裂や重水素などの核融合とは、すなわち、いくつかの軽い原子核がエネルギーを出し、ひとつの原子核になる事。
水蒸気は、気体です。
空気も、気体です。
私達は、この空気の成分率が自然界ではごく普通と思って暮らしているのですが、あの放射能が放出された辺りはこの自然が崩壊されているのです。
空気の成分比率が違っている事を、知識のある方はお考えになって下さい。

空気が空気としてある別の所に、別の物が参加したが故に、生物にとっては生命の危機になっているらしいのです。

調理の中で 塩を抜く時は塩を使います。
調理は物理学でもあり、生物学でもあります。
そういう視点で考えればいいらしいのです。

謎解きのようで大変失礼致しますが、皆様でお知恵を出して答えを導ければ、日本も世界も助けられるので、よろしくお願い致します。

補足従来の考え方を取り払って考えた方がいいらしいです。

エセ的なものであっても、それはそれでいいと思っています。
可能性に掛けられれば。

閲覧数:
541
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

evi********さん

編集あり2011/3/1908:56:31

エセでは誰一人助からない、その説を考案した人も含めて。

非現実的思考で現実の問題を解決しようとしても不可能。まやかし。ごまかし。謎ではない。

従来の考え方を取り払うには理由が必要です。無ければ無理。少なくとも合理性は皆無。

質問した人からのコメント

2011/3/23 03:38:18

なるほど。

もうその時は、わらをもすがる思いでしたからね。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jin********さん

2011/3/1903:15:26

大学理系基礎くらいの知識があれば、すぐわかるデマ・・・というか、文章になってませんね。

一部だけ突っ込むと、
放射線は、放射性物質が出した高エネルギー電磁波や粒子で、別に糸でつながってるわけじゃないので、放射線どうこうで放射性物質を集めるなんてとんちんかんな発想です。
電磁波の電磁、で、電流・電場・磁場とかも、連想ゲームじみています。

どっかから出たデマを、高校物理知識で必死に理解した結果の惨状でしょう。


他の質問でもこの記述尋ねられてる方いましたが、気にせず、不要な流布もしないようお願いします。

アバター

ID非公開さん

2011/3/1900:54:33

>空気の成分比率が違っている事を、知識のある方はお考えになって下さい。
いや、測ってみればわかりますが、誤差の範囲で一緒ですよ。もちろん水蒸気の立ち込めているところとか、恣意的に場所を選べば違うでしょうけど。

>エセ的なものであっても、それはそれでいいと思っています。
>可能性に掛けられれば。
いや、その可能性が限りなく0なので似非科学なんですよ。
たとえば、放射性物質だってある確率を持って崩壊して放射線を出すんだから、確率の上ではある瞬間からぱったり崩壊しなくなる可能性だって0ではありません、と主張する人がいたとします。でも、原発の燃料棒が今この瞬間から放射線を出さなくなる確率なんて限りなく0です。10の-25乗とか、その程度の低い確率でしょう。そんな可能性に掛けますか?それよりはよっぽど、このまま作業を続けて問題が解決する可能性のほうが高いんじゃないでしょうか?

似非科学を主張する人は相手にするだけ時間の無駄ですよ。

nik********さん

2011/3/1900:47:03

今問題となっているのは放射性物質であって空気の成分比率ではない。
よって周辺環境の空気の成分比率を正常に戻したところで(そもそも成分比率が狂ってるという根拠もないが)何の意味もない。

以上。

aka********さん

2011/3/1823:53:02

いわゆるエセ科学の眷属かと…

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる