ここから本文です

昨年、土地建物を購入しました。建物との建物附属設備に関する減価償却の計算方法...

so0********さん

2011/3/2017:35:23

昨年、土地建物を購入しました。建物との建物附属設備に関する減価償却の計算方法について質問です。耐用年数はそれぞれ区分されているようですが建物等附属設備を一体として購入している場合ま

たは工事見積書や明細書等がない場合耐用年数をどのように区分すればよろしいでしょうか。基本的に建物一体で減価償却を考えていましたが、わける方がメリットあるようであればそうしようと思います。ただ分け方がわからないのです。教えて下さい。

閲覧数:
606
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kum********さん

2011/3/2018:51:31

工事見積書や明細書等がないということは、中古でしょうか?
支障がなければ、売主から固定資産台帳をもらえば、その帳簿価額で按分すればいいかと思いますが、難しいでしょうね。
建物と付属設備を区分する方が、耐用年数の関係上、減価償却費は多く計上できる場合が多いかと思いますが、分けることができない場合は、建物の耐用年数で一括して減価償却するしかないでしょうね。

質問した人からのコメント

2011/3/20 19:16:57

かしこまりました。
やはりそうですよね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる