ここから本文です

アルコール依存症のミーティングについて 「断酒会」と「AA」の違いを教え...

oka1pinさん

2011/3/2522:34:35

アルコール依存症のミーティングについて


「断酒会」と「AA」の違いを教えてください。


よろしくお願いします。

この質問は、jh3givさんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
15,324
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jh3givさん

リクエストマッチ

編集あり2011/3/2619:01:49

AAと断酒会

AAはアメリカで生まれた自助グループで、断酒会はAAを参考に日本的にアレンジしたグループ

●AA(Alcoholics Anonymous)と断酒会の違い

・形態
○AA:「組織を持たない」グループ。役員などもなし。ただしグループの世話役などの役割分担はあります
□断酒会:会長を中心に組織的な運営

・会費
○AA:会費、入会金はなし。ミーティング中に献金袋が回ります
□断酒会:入会金や会費で運営。始めて断酒会に出席された方などの場合、暫く入会手続きをせずに断酒例会を体験してもらう場合もあり(一般参加)。

・名前を名乗るか否か
○AA:ニックネーム。ここが「Anonymous」と呼ばれる所以。禁酒法下のアメリカ文化にも関係あり。実名で出席されている方もあり。AAの「匿名性」とは、単に実名を名乗らない、という事ではなく、陥りがちな「我」の復活を排除する為でもあります
□断酒会:実名を名乗る事を潔しとする日本的文化が背景

・仲間意識、雰囲気
○AA:個人責任。断酒会よりも自由。この自由さこそがAAの厳しさ。モチィベーションが下がっても、仲間は引っ張ってはくれない。この個人責任の裏には、強烈な仲間意識も存在。
□断酒会:「断友」という言葉が表すように、断酒間もない仲間を「今度、○○支部に行こう!」と引っ張ってくれる事が多くあり。これを「煩わしい」と思うか、有り難いと思うかは、その人のとらえ方です。このサポートから回復のきっかけを貰った人も多くあります。

・ミーティングや例会の概要
○AA:大きく分けて二つ。「オープンミーティング」と「クローズドミーティング」で、「オープンミーティング」は、アルコール依存症(以下ア症)者以外の出席もOK。発言権は通常ありません。
1時間か1時間半で、話をしたくない場合「パス」もあり。ただし「言った者勝ち」とも言われている
□断酒会:出席者全員が発言

・宗教との関係
○AA:キリスト教文化であるアメリカで生まれた為、「神」「霊的」などの言葉が多い。しかし決して宗教的なグループではなく、自分を超える力を信じる謙虚ささえあるなら、AAの力は使える。
□断酒会:ハッキリと宗教を排除。昔の「断酒の誓」には、「私達は、宗教や思想に関係なく、断酒会同志として団結します。」という言葉もありました。*今の断酒の誓ではありません。

・回復への提案
○AA:12ステップという回復への提案がある。これがAAの強み。
□断酒会:「体験談に始まり、体験談に終わる」。常に自分の「底」となった体験談を語り続ける事が断酒会の強み。また、家族の体験談が聞ける所も強みです。

・家族の位置づけ
○AA:アラノンに出席(アルコール依存症の家族の為の自助グループ)。
□断酒会:家族も一緒に出席する事が理想。多少はモチィベーションの低い酒害者でも、家族となら出席できる事も多くあり、これをきっかけに回復への道を歩んでおられる方もある。これも断酒会の強みの一つ。
また家族だけの例会である「家族会」を、多くの断酒会やその支部で、月に1度程度開催。

・家族の位置づけ(2)
○AA:あくまでもアラノンに出席する事で、家族自らが回復をするのが前提。
□断酒会:断酒会や支部によってのバラツキがあり、本当に家族の為の「家族会」として運営出来ている会もある反面、協力者という位置から脱皮していない会もある。また、断酒会では家族会員を「準会員」と呼ぶ事が多く、ここにも、この弱みが残っている。

●AAと断酒会の目指す事
・目的は同じ。
・手段も同じ。回復にはミーティングや断酒例会の「言いっぱなし」「聞きっぱなし」という形式が有効。これについても、全く二つのグループは同じ。
・AAも断酒会も、中途半端に行っている間は効果なし。真剣に(AAの場合、冗談あり、笑いありだが、その根底はド真剣)出席を続けるなら、全く同じ。
・AAと断酒会の併用も「アリ」。最近、AAにも出席をしている断酒会員もあります。その逆は少ないですが・・・。これは、断酒会の真骨頂という「体験談」だけでは超えられない壁を感じた方がAAの力を使っているという場合と、断酒し始めで、少しでも断酒の為の仲間に会いに行く為の出席という二つの意味がある。

●断酒会かAAか?
・効果は同じ。しっくりくるグループを選ぶ事が大事。真剣に出席すれば全く同じ。
・断酒会から逃げる為にAAを選ぶ人の多くは回復しない。
・断酒会なら体験談を語り、聞く事と、家族の体験談を真剣に聞く事が大事。AAでは、ステップです。これが両方の利点を最大限に活用できる方法です。

●最後に
・リクエストありがとうございました。不明な点などがあれば、別質問をお願いします(文字数が目一杯)。

*誤字にて訂正

元アルコール依存症専門治療病棟 看護師より

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tkrzwshknsntさん

編集あり2011/3/2710:19:15

下の回答者様の内容でOKですが、少しだけ追加です。

断酒会
例会の開催数はAAより少ない(関東方面)、組織的な活動をしっかりされていて、「親子関係」などについての講演会などもしっかりとされています。まじめな団体です。ご本人が参加されない場合は、ご家族のみの参加もできます。例会では妻の参加も多く、パワーを感じます。元仕事人間の生真面目な人に向いているかなという印象です(個人的な感想です)

AA
ミーティング会場も多く、その気になれば毎日どこかのグループに参加できます。参加しやすさがポイントかなと。AAも外部に向けたオープンミーティングをするなど、きちんと取り組んでいます。若い方はAAの方が多いようです。

なお、アル症の方をいきなりAAや断酒会につなげても、効果はとても低いと言われています。「俺はあんなにひどくない」「参加するとうつになる」と言い、続かずかえって否認が強まるようです。

回答は下の回答者様でばっちりです。他の方もご覧になるかと思いまして、参考までです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。