ここから本文です

放射性セシウムは半減期が30年なのに人間の体内に入ると何故半減期が100日位に変わ...

mju********さん

2011/4/307:23:33

放射性セシウムは半減期が30年なのに人間の体内に入ると何故半減期が100日位に変わるのですか?

閲覧数:
659
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Satoiwa_135さん

2011/4/308:06:44

この場合、半減期30年というのは放射能の観点から見たもので、この放射性セシウムが改変して、別のものに変り、最初の量の半分まで減るのにかかる時間のことです。


一方、半減期100日というのは生物学的半減期と言われるもので、体内にはいった放射性セシウムの量が尿などによって体外に排泄され、最初の量の半分に減るまでにかかる時間のことで、放射性セシウム自体はなくなりません。

よって、この2つの半減期は概念がちがうので、同じ「半減期」とは言いますが、混同してはいけません

質問した人からのコメント

2011/4/3 11:35:10

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mar********さん

2011/4/307:54:27

セシウムはアルカリ金属ですから塩分とおなじようなものです。
おしっこと一緒に出て行くからです。
あくまで「生物学的半減期」であることをお忘れなく。

blu********さん

2011/4/307:31:35

排泄されて体の外に出てしまうからです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる