ここから本文です

土地の前面道路が私道の場合、通行に問題はあるのでしょうか?

m99********さん

2011/4/614:17:40

土地の前面道路が私道の場合、通行に問題はあるのでしょうか?

ある土地(小規模分譲地の一画)の前面道路が私道(2m)+町道(5m)で合わせて42条1項3号と認定されています。

この土地を購入した後、この私道部分を通らせない又はお金を払え等言ってくることはあるのでしょうか?

私道の所有者と土地の所有者は別人です(分筆時から別人)。

閲覧数:
538
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sus********さん

2011/4/614:38:23

この様な問題は、建築基準法上の問題と民法上の問題とに分けて考える必要があります。
まず、42条1項3号道路、いわゆる既存道という事なので、所有権はどうあれ建築基準法上認定された道路です。私道を廃止変更する事は原則禁じられています(建築基準法第45条)。この規定による反射的効果により、誰憚ることなく通行することは可能と考えられます。
次に民法上の問題について。私道部分を通らずに町道部分に出入りできなければ、問題の土地は「袋地」となります。袋地所有者には、公道に至るまでの他人所有地(専門用語で囲堯地とかいてイニョウチと読む)を、原則無償で通行する権利があります(民法第210条以下)。私道所有者に特段の損害を与えた場合は金銭を支払う必要がありますが、既存道であれば損害など生じ得ないと思われます。

質問した人からのコメント

2011/4/6 14:53:47

ありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる