ここから本文です

【ドラクエ6】ムドー戦は、1人攻撃専属の1人回復専属とし、あとの2人は防御さ...

tst********さん

2011/4/1816:01:55

【ドラクエ6】ムドー戦は、1人攻撃専属の1人回復専属とし、あとの2人は防御させる、いわゆる“チマチマ戦法”が一番手堅い??

ムドーの城でハッサンが実体を獲得した際に覚える「正拳突き」ですが、当たり外れがあるためあまり頼れないのではないか?といったところが個人的な意見です。

実際、「正拳突き」をムドーにかわされてしまうケースは数多くありました。大ダメージもあり得るとはいえ、ミスが頻繁に起こるようでは気分が優れません。
攻撃第一人者のハッサンに炎のツメを持たせて常時道具使用(メラミ発動、またこれが確実によく効く)、主人公勇者は基本防御でハッサンが眠らされた場合のみ攻撃参加、ミレーユはスカラorスクルトを当初2~3回唱え後のターンはほとんど連続防御、最後尾のチャモロはゲントの杖による回復専属で全員のHPにゆとりがあれば防御。かなりチマチマしていますが、攻撃要員・回復要員を絞り防御人数を増やすことでダメージによるHPの減りを抑え、同時に無駄な回復呪文MP浪費も抑制できます。催眠攻撃は運に任せるしかないですが、これは特に強力な凍りつく息対策のためともいえます。ザオラルも使えるチャモロに疾風のリングを装備させ素早くさせればより確実な回復蘇生を望め、チャモロ自身も死ににくくなります。

自分のような“チマチマ戦法”を愛用している方いますか? ムドー戦だけでなく他の中ボス相手にもあらかた応用できる戦法ではないかと思いますが・・・。

閲覧数:
453
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ret********さん

2011/4/1818:45:20

私もムドー戦はまだ転職前なので、キャラそれぞれが対応する役割も制限される形になるので、出来ることの限界があるので別に悪くないと思います。やはり時間かけてでもいいので、回復を重視しながらダメージ与えられる主人公とハッサンに任せ、ミレーユは補助&回復&防御、チャモロは回復&防御に徹する。主人公は炎のツメを持たせ道具として使う。ハッサンは飛び膝蹴りでいつも使ってました。ゲントの杖はハッサンに持たせてました。第一ラウンドのしもべは相手にしてもキリがないので無視。(きりさきピエロはまだマシだけどデビルアーマーでも呼ばれたら最悪。)火炎の息や氷の息や稲妻など喰らったら攻撃は止めて体勢を立て直す。これの繰り返しでした。特に第二ラウンドのムドーの攻撃がヤバイので。(質問者さんの言うとおり、せいけんづきは回避される危険性高いし、捨て身はした後ダメージが倍加してしまうので厳禁。とびひざげりを使ってました。)夢のムドーはルカニは効きますが、現実のムドーはルカニは効かないので、ダメージ与えやすい人のみで攻撃役はしぼった方が得策です。特に第二ラウンドのムドーは2回攻撃に氷の息に稲妻に怪しい眠りまでかましてくるので、相当危険です。回復が遅れてしまうと全滅しかねない相手です。

まあ、転職できるようになれば、大分攻略も楽になるので、あとはケースバイケースですね。転職後で厄介なのが、試練その3でした。

質問した人からのコメント

2011/4/25 12:20:00

ダメージをなるべく抑えるためにも防御は重要になってきますね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる