ここから本文です

ヨーロッパなどではとても長く(場合によっては一か月くらい)休暇(バカンス)をとり...

ara********さん

2011/4/2517:52:52

ヨーロッパなどではとても長く(場合によっては一か月くらい)休暇(バカンス)をとりますが、そもそも休暇が連続して長期にわたる必要性があるのですか?

日本にはそのような習慣はありません。

また例えば休暇を利用して何かをするとしても長期である必要性がありますか?

国内旅行(せいぜい2日〜3日)
食べ歩き(1日〜2日)
パチンコ(1日)
釣り(1日〜2日)
海外旅行(長くて一週間)
遊園地(1日)
キャンプ(2日〜3日)
ドライブ(1日〜2日)
海水浴(1日)
温泉(1日〜2日)

このようにたいていの遊びやレジャーは数日で終わります。

閲覧数:
357
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eeh********さん

2011/4/2518:14:52

イタリアですけど週休2日の人も多いですし、ということはご質問の中で国内海外旅行以外はしたければ毎週できるということです。

長い休暇をとっても・・・・をしなければならない、・・・をみなければならないというような義務感などありませんよ、何もしなくていいから明日、あさっての仕事のことを考えなくてもいいくらいゆっくりして自分と家族、それに友人たちと11ヶ月の・・・をしなければならないという気持ちから解放されます、それには2,3日の休暇ではできません。

定年退職したら家にも身の置き場がなくなってしまわないようにとの知恵かもしれません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sek********さん

2011/4/2604:21:27

それを価値観の相違と言います。

日本人は、会社のために働きますよね。
外国人は、自分や家族のために働きます。

休暇は、自分のための時間です。だから、好きなことをして良いんです。家でゲームしている人もいますが、日本と違い家の中があまり快適でなく、外も気持ち良いので、外出する人が多いです。

日本では、休日は”また明日から働くための充電期間”ですよね。外国には、そんな人いません。

休日は、会社の休日であって、人生の休日ではないです。休日は、自分のための人生の貴重な時間です。1ヶ月かけてのんびり過ごさなければ、自分らしい時間が過ごせないです。
会社で働いている時間は、自分の時間ではないです。日本はゆるい社会主義なので、個人の権利というのが欧米とは違いますよね。

なんで長期の必要性?という答えは、人間らしく生きるためです。

sai********さん

2011/4/2603:35:28

逆に質問したい。そんなに急いで短時間でぐるぐる回る必要性がありますか?

必要がないと何もしないの?

単に休みが取れないからそんな休暇しか出来ないのでしょ?休みをとったことがないから過ごし方がわからず、弾丸ツアーしか出来ないのでは。

温泉だって二週間逗留すればいいじゃないですか。現にドイツの温泉場は2-3週間の湯治を医者がすすめます(ドイツの場合健康保険が費用を払うようですが)。

tab********さん

2011/4/2519:56:31

連続した長期休暇をとらなければならないわけではありません。
休暇を半分に分けたりてとったり、勤務先の人と調整しながら飛び飛びにとったり、いろいろです。
とはいえ、日本の休暇と比べて休暇日数が多いのは間違いないのですが。

質問文に具体的に国内旅行だと何日、温泉だと何日と書かれていますが、その考え方は全くあてはまりません。
というのは、彼らなんにもしないのが一番の休息、休暇だととらえているようです。
例えば日本人がGWなどを利用してハワイ旅行に行くとします。
ビーチで遊び、イルカウォッチングのクルージングをし、世界遺産キラウエア火山国立公園とスポット・カラパナ溶岩大地のハイキングツアーを楽しみ、帰国日が近くなるとお土産やショッピングに行き、と限られた休暇をフルに楽しもうとします。
もちろん時間もお金もあり、ゆったりと少し長期で暮らすように滞在される日本人もいるのでしょうが、ほとんどの日本人は前者だと思います。
そんな日本人を見て「せっかくの休暇なのになんて日本人は忙しいんだ」と木陰のビーチチェアで横になって読書をしている彼らは思っているかもしれません。
日本人はそんな彼らを見て「読書なんて家でできるのに。せっかくハワイに来てるのにもったいない」と思っているのかもしれません。

英国在住の身内を訪ねて1週間足らずの旅行をすることがありますが、身内のダンナ(英国人)はたったそれだけしか滞在できないのか、どうしてもっと休暇をとってこないのかと行く度に言います。
その時に彼に日本では長く休暇をとるのは難しいんだと説明した際に上記のような考え方の違いがわかったのです。
彼らも休暇には海外に旅行しますが、観光スポットに行かないわけではないけれどその街の雰囲気をあじわいながらワインを飲むだけでも十分楽しいし、ビーチで水につかるのでもなくただぼーっとしているだけでリラックスできると言います。
どっちが良い悪いではなく、休暇に対する考え方が違うのでしょうね。

>このようにたいていの遊びやレジャーは数日で終わります。
休暇をレジャーをこなすためだけのものとはとらえていないのですね。

pir********さん

2011/4/2518:46:53

必要があるかないかで言えばないでしょうね。

でも国によっては労働者が長期休暇を取る事を法律で義務としている国もあります。
それだけ休まないと効率的に仕事が出来ないという考えです。

以前少子化問題のあったフランスでは、週の労働時間を短縮させることを義務化し、結果労働者が早めに帰宅して家族と過ごせる時間が増え、少子化に歯止めがかかったそうです。

ゆっくり休まないと効率的な仕事が出来ないとう考えは、長時間残業をすればするほど「頑張っている」と見なされる日本文化では考えられないかもしれませんね。
欧州では「生きるために働いて」います。日本は「働くために生きている」みたいに感じることもあります。
幸せの価値観の違いでしょうか。

oji********さん

2011/4/2518:31:47

1週間以上掛けてのんびりと旅をすることは,命の洗濯となります。
1日か2日の短期のレジャーでは回復になるか疑問です。かえって疲れを増やすだけではないでしょうか。
一度長期の休暇を取ってどんなものか経験してみてください。
効能がよく分かると思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる