ここから本文です

水質の悪化とは?

kei********さん

2011/4/2800:01:55

水質の悪化とは?

病気の原因として、真っ先に「水質の悪化」が挙げられますが、何を持ってして「悪化」と言うのでしょうか。
例えば、週1で3分の1の水換えをし、亜硝酸値もph値も正常の状態でも、元気な個体が突然赤班病とか尾腐れ病等になってしまう事があるので、どう予防したら良いのか困ってしまいます。
亜硝酸やph以外で、検査数値で悪化の原因が分かるものはあるのでしょうか。
どなたかお詳しい方、ご教授願います。

補足水槽の状況ですが、90cm水槽に5~7cmの各種金魚8匹、上部ろ過+水作ニューフラワーDX、エアレーション常時、水温常時23度前後、水草有りです。

閲覧数:
402
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kom********さん

2011/4/2805:37:05

水質の悪化とは、アンモニア、亜硝酸、硝酸塩などの数値もそうですが、
飼育している魚の環境に適合しない水は、『悪化した水』と考えて良いのではないでしょうか、
それは水温もそうですし、上記3つが適合範囲内でも、
他の方が仰るように、硝酸塩の蓄積も水質悪化です。
また、硬度がゼロに近かったりして、短時間の内に数値が上下するような不安定な水もそうです。

魚が罹る病気の原因であるエロモナスや、カラムナリスの適合環境は、
殆どの飼育魚の生息環境と一致しており、
水質の数値が適合していれば、病原体にとっても適合範囲です。
これら病原体は水槽内常在菌であり、弱った固体や、
傷のある固体、粘膜の剥がれ落ちた箇所から感染します。
勿論健康な個体への感染も起こりますが、不健康な固体に比べて、
感染することは少なくなります。

水質が良いから病気にならないということもないですが、
水質が悪ければ病気になり易いので、水質を良好に保つことが、
病気予防の第一歩ということになります。
あくまで第一歩というだけで、鉄壁の防御では無いということです。

一度病魚が出た水槽では、その後の処理をしないと、
菌数が増えていれば、再発しやすくなります。
再発を繰り返すなら、丸洗いまたはリセットするのもひとつの方法です。
90センチ水槽に金魚8尾なら、飼育数に余裕があると思いますので、
リセットしても問題はなさそうですが・・・・。
そこはご自分の判断でお願いします。

質問した人からのコメント

2011/4/28 23:49:21

皆さん、たくさんのアドバイスありがとうございました。
とても参考になり、いい勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aqu********さん

2011/4/2803:46:15

普通にショップで売っている種類の熱帯魚なら、
アンモニアや亜硝酸塩やPHなんてどうでもいいので、
硝酸塩とリンに注意すべきです。

ただ、実際にはその他にも様々な副産物が生じます。
海外でよく使われる伝導率計が日本では全く売れず、
リトマス紙程度の精度しかない水質検査キットが飛ぶように売れるなんて、
観賞魚メーカーの広告とか、スポンサーに逆らえない雑誌とかに
踊らされた結果でしょうね…。

chu********さん

2011/4/2801:41:50

水質もそうですが、ストレスも原因としてあげられますよ。水質完璧でも、混泳の合う合わないなどもありますし、飼育環境は個人個人かなり差がでますし。
全てパーフェクトでも、不可抗力で起こる病気だってありますよ。

あまり神経質になりすぎて肝心なものを見落としがちになるので。

参考までに

mot********さん

2011/4/2801:29:49

亜硝酸イオンから硝酸イオンに変えるニトロバクターが豊富なら亜硝酸値は正常でしょうが、アンモニアイオンから亜硝酸イオンに変えるニトロソモナスや、タンパク質からアンモニアイオンに変えるPSBが正常に機能しているとは限りません。

PSBが十分機能していないときは水が白にごりするので分かりやすいですが、ニトロソモナスが機能していなくても水の色は変わりません。
アンモニア濃度を調べてみれば、ニトロソモナスが機能しているかは判断できます。

m_p********さん

編集あり2011/4/2807:50:28

こんにちは お答え致します
私の水槽は水量7リットル、18×18×24水草用の水槽です
中に魚、テトラ3匹、めだか2匹、アカひれ4匹、ミナミ沼エビ6匹、石巻貝4匹、です、更に水草たっぷりです。
私の水槽ですが、常時サーモ24度維持、エアレーション常時、ろ過は水中モーター式で常時。
水替えですが、4日に一度、水量の半分換えしています、水は勿論カルキ抜き、それに、キョーリンのプロテクトXと云う添加剤を毎回使用しています、かれこれ6ヶ月になりますが、魚達は尾ヒレも含め全てきれいな状態を維持しています、、。

ご質問者様の水槽模様、魚の数等が記されておりませんで、私も中々申せませんが、とにかく、水替え(しっかりカルキ抜き添加剤も入れ)、そしてろ過、更にはエアレーション等、しっかり管理していけば魚はいい状態を維持出来ていけるはずです、、、

尾ヒレの病気等、ございます場合、やはり私が考えるに水替えが足りなく、アンモニア濃度が大幅に増大している模様と感じます、アンモニアはバクテリアだけでの除去は到底不可能です、
ご存知のとうりです、、。

後、水温も下げたらダメです、
常時24度近辺をしっかり維持しないと、、、。

以上ご参考迄
写真は私の水槽です、、^^;

***************************************

補足拝見させて頂きました
お魚達の数、状況では週1で3分の1の水換えでは不足だと私は感じます
5日に一度、水量の半分、交換しますね、私なら。
キョーリン、プロテクトXの添加剤忘れずに、、。

こんにちは お答え致します
私の水槽は水量7リットル、18×18×24水草用の水槽です...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる