ここから本文です

生命保険見直しについて 現在主人42歳 私32歳です。 保険内容 明治安田生命 ...

kamk_818さん

2011/4/2800:46:10

生命保険見直しについて

現在主人42歳 私32歳です。
保険内容
明治安田生命 ライフアカウント
死亡保障7000万 35500円

3年前に子供が産まれたこともあり年齢も高かったので子供が小さいうちに万が一のことがおこったらと思いできるだけ保障を高くしました。10年後更新の時に見直せば… と思っていたのですが、
先日知り合いの外資の保険屋さんから米建て終身保険を聞き2000万相当のに入りました。こちらの保険料は65歳?60歳?払い込みで34000円ほどです。もちろん為替のリスクは承知しています。
なので以前の保険をすぐにでも見直そうと思いご相談です。

今までの物を減額した方がいいのか 一度解約してもっと他の会社などで考えてもいいのか
どなたか詳しい方教えていただけませんか。

死亡保障はあと4000万ほどつけたいです。入院特約などは最低のでいいのですが、大手の保険会社などはバランスが決まっているのでしようか?

閲覧数:
1,540
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/4/2916:55:53

ファイナンシャルプランナーです。

まずは、必要な死亡保障はいくらになるのか、考えて見ましょう。

遺族基礎年金は、妻79万円+第一子22万円=101万円
つまり、月額8.4万円は受け取れます。
(第二子がいらっしゃれば、プラス年間22万円。ただし、子の加算は子が18歳になるまで。)

持ち家であれば、住宅ローンについた生命保険がローンを一括返済して、ご家族にローンのなくなった持ち家がのこるので、住宅費はいらなくなります。賃貸であれば、これまで通り家賃が必要です。

住宅ローンを除いた一ヶ月の生活費-遺族基礎年金8.4万円-奥様の月収=一ヶ月の必要保障額

(遺族年金の部分は、説明を簡略化してるので、大雑把にです。ご主人が厚生年金に加入していれば、遺族厚生年金から月額で、もう2~3万円もらえると思います)


一ヶ月の必要保障額 × 12ヶ月 × 必要な保障期間 = おいくらでしょうか?

ご主人のご職業がサラリーマンであれば、死亡保障が多すぎるくらいではないでしょうか?
ただ、自営業やお医者さまということで、借り入れが大きいということならば、さらに大きな死亡保障が必要でしょう。

最近は、死亡時に一括で多額の死亡保険がおりる一時払いの死亡保障よりも、決められた年齢まで毎月分割で10万円や20万円支払われる収入保障保険に加入される方が増えてます。
一括でもらえる死亡保険よりも、保険料は安いですし、タバコを吸わない方は、割引になったりします。

死亡保険を積立で考えるか、掛け捨てで考えるかで違います。
①積立型・・・あんしん生命の長割り終身、スター生命のドルサポート終身など、60歳時で解約した時に払った額より多くお金が戻ってくる保険。ただし、保険料の割りに買える死亡保険金の額が少ない。
②掛け捨て型・・・損保ジャパンひまわり生命など、損保系の収入保障保険などが安いです。タバコを吸わない人は、割引に なったりします。掛け捨てですが、高額な死亡保障を安く作れます。


それぞれ、保険会社のサイトで保険料の試算ができますよ。
東京海上日動あんしん生命 http://www.tmn-anshin.co.jp/kojin/goods_shibou/nagawari/index.html
損保ジャパンひまわり生命 http://www.himawari-life.com/examine/procedure/incoming/omamori_fam...ばらん

死亡保険を追加する場合・・
①ドル終身とバランスをとっての円建てでもよいのではないでしょうか?
資金が必要になった時、円高であれば、円建てを解約。円安であれば、ドル建てを解約。
②掛け捨てならば、収入保障保険がお勧めです。

医療保険

現在のライフアカウントLAに、終身の医療がついていない場合は、終身医療保険にご加入することをお勧めします。
医療保険の選び方は、払込期間や、日額をいくらに設定するかなど、質問が多いので、ブログにまとめてみました。http://fanblogs.jp/hokenwakaru/

お勧めは・・
オリックス生命保険株式会社 http://www.orix.co.jp/
アメリカンファミリー生命保険会社 http://www.aflac.co.jp/
損保ジャパンひまわり生命 http://www.himawari-life.com/examine/procedure/medical/omamori_heal...


ライフアカウントLAは、設計度が自由な保険ですから、保険証券を見ない限り、内容が分かりかねます。
今のドル建て終身保険とのバランスが悪いかも知れませんので、場合によっては、ライフアカウントを解約や減額をしたほうが良い場合もあります。
最近は10社以上の保険会社を扱っている来店型の代理店が増えてます。
一度、保険証券を持って相談されてはいかがでしょうか?
一社しか扱えない保険会社専属の方よりも、いいとこどりしてくれるので、いいプランナーに会えると思います。
ファイナンシャルプランナーの資格を持っている方も多いので、知識量も多いはずです。
ブログにショップのリンクも貼ってますので、よければご参考にしてください。

質問した人からのコメント

2011/4/29 23:04:02

とても詳しく教えていただき 有り難うございました。 追加の質問を回答リクエストで投稿させてもらいたいのですが、よろしくお願いします。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2011/4/2807:56:25

(1)大手に会社には、基本的な「形」があります。
なぜかというと、大手の生命保険会社は、営業職員のお給料を保たないといけないからです。
だから亡くなる方がすくない「10年」で契約するように営業職員に勧めます。
これだと、保険会社は支払いが少ないので、営業職員に給料を払えます。
はっきいうと、10年更新型に預けたお金はほとんど、営業職員の給料になっていると判断して頂いて大丈夫です。

(2)外貨建て
保険は「お金でお金を買う」
ということをまず、ご理解くださいね!

外貨建ての保険は、世界の基軸通貨で運用しているので、利率が高いのです。
利率が高いという事は、掛け金を抑える事ができるし、もしかすると保険金が高くなっていたり、解約返戻金が高い可能性があります。
これは、英断だと思います。
2000万円にしておくと、2000の三分の二のお金がたまります。
1300万円がたまる感じです。
お葬式に200万円、老後もしくは介護に1100万円使える事になります!

為替リスクは10年、最近は4年おきに変動してます。
平均は1ドル110円。
今は円が強いので82円
ということは、1300万円がもしかすると110円/82円×1300万円
2000万円くらいになることも期待できます。
円が弱くなったときに円にすればいいのです。
つまり最近の動向からみれば4年見ていれば、110円以上になります。
最低保障の分は保障されてますから、最低保障の部分を「安く」買ったと思って頂いて大丈夫です!

(3)保険金のアップ
奥様が年金をもらうまでの生活費を考えるなら、万が一の事があったときにご遺族に毎月お金が入るタイプの保険が良いと思います。
あいおい生命の保険では、80歳まで必要な生活費を守る保険に入ります。
60才までの払い込みにします。
もし、60才までに亡くならなかったら、そこで解約します。

すると・・・

懸けたお金が全部返ってきます!

こんな保険のほうが、損をしません!
社長の奥様とかに、かなり売れています!


以上です。

僕は、保険を利用するところは利用してもらい、
損しそうなところは、知恵で損しないで、逆に徳する方法をいつも考えております。
是非、この案がご質問者様に利益をもたらすものになることを祈りながら、回答を終わります。

もし、ここまで読んでいただいたのであれば、本当にありがとうございました!

では、本日も最高の一日を!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。