ここから本文です

「女性専用」と表記されてるのに「女性優先」って勘違いするのが増えてるけど ...

八千代のデブさん

2011/5/709:43:32

「女性専用」と表記されてるのに「女性優先」って勘違いするのが増えてるけど

「専用」と「優先」の区別が分からないのかな?

閲覧数:
125
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moe********さん

2011/5/1118:19:06

今日も女性専用車両に乗車しましたよ。
空いてて快適な空間でした。
明日も勿論利用しますとも。
何か問題でも^^

質問した人からのコメント

2011/5/12 13:11:15

爆笑 空いてたっておい・・・・・・

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dfh********さん

2011/5/714:56:52

法的拘束力以前に、女性専用車は、いわゆる「優先座席」とは性格が異なります。

言いたいこと(非協力乗車に対する批判)はわかりますが、質問の表現が適正ではありません。

h_w********さん

2011/5/711:44:26

契約条件に書いておらず、且つ男性の乗車により危険が生じるとは考えにくいから。

保険会社に、「契約条件には書いてないけど、今回は保険金あげられない事象だよ。」と言われてそれを認める者がいるのかということ。


また、日本国憲法により、性別により差別することはできない。


強制力あるものを実現したければ、特別車両券が必要な車両にすればいいのですよ。
グランクラスができたように、特別車両の新設は難しくありません。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

haidoroさん

2011/5/710:22:11

女性専用車両の制度について、
国土交通省は、
「男性のお客様のご理解とご協力の下に成り立っているものであって、強制的に乗車を禁ずる法的根拠もなく、男性のお客様を排除するためのものではありません」
としている。
また、横浜市交通局及び札幌市交通局は男性の乗車を禁止する法的拘束力はなく、あくまで鉄道事業者が乗客に任意協力を求めているものであると述べている。鉄道事業者の多くでは、女性専用車両を男児及び身体障害者の男性も利用できるとしている。

鉄道営業法第34条では
「制止ヲ肯セスシテ左ノ所為ヲ為シタル者ハ十円以下ノ科料ニ処ス」、同2号では「婦人ノ為ニ設ケタル待合室及車室等ニ男子妄ニ立入リタルトキ」
とされている。
国交省の見解に沿えば、この法律は現行の女性専用車両制度には適用されないこととなる。

また、名古屋市では
「名古屋市交通局は鉄道営業法34条2号の適用を考えていない」
と報告書の中で述べている。


残念ながら、質問の認識が間違っております

sh1********さん

2011/5/710:08:07

法的には「専用」ではありません。
男性も問題なく乗車出来ます。その車両に男性が乗車すると車掌か駅員が「お願い」という名の強制をしてくるのでそれが一番の問題です。

「女性優先」でもありません。「一般旅客車両」扱いなのでその認識は不適切です。ええ認識すら不適切です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる