ここから本文です

年金について(国民年金から厚生年金へ)

nic********さん

2011/5/1220:55:28

年金について(国民年金から厚生年金へ)

年金についてお伺い致します。とても複雑で、学生控除&恥ずかしながら滞納しているものでして・・・

学生控除を20歳から25歳までしておりました。そのあと2年近く滞納しており、来月一括納入しようと思っております。

10月より厚生年金に加入予定です。その後も継続して厚生年金に加入するつもりなのですが、その際の将来の受給額は何割ほど貰えるのでしょうか・・・国民年金の滞納&学生控除をしていたため判らなくなっております・・・

この先、厚生年金に加入した方がよいのか、基金にも加入した方がよいのか・・・将来の受給額が多くなる方法をお教えいただければ幸いです。

年収300万の予定です。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
813
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

max********さん

2011/5/1222:35:21

国民年金額は納付月数に応じて決まります。過去の学生納付特例の期間や、直近2年の未納期間も、遡って納付すれば年金額に反映されます。
20~60歳の40年間(480か月)納付で満額支給なので、1か月分納付するごとに年金額も480分の1ずつ増えていきます。厚生年金の期間も、国民年金の加入月数としてカウントされます。年金額は物価変動に応じて毎年見直されますが、今年度は満額で年788,900円です。

厚生年金額は報酬比例なので上限(満額)は無く、加入期間と給与水準に応じて増えていきます。年金額も、人によって違います。

ところで年金制度は老後だけでなく、障害者になった時の年金(障害年金)や亡くなった時に家族に出る年金(遺族年金)という万一の保険としての機能もあります。年金を払うのは将来のためだけでなく、今の自分や家族のためという意味もあります。

平均受給額は、平成19年度のデータですが月額で国民年金が5万3千円、厚生年金が16万1千円です。
http://allabout.co.jp/finance/gc/12085/

質問した人からのコメント

2011/5/19 13:09:48

くわしく有難うございます! やはり厚生年金に魅力を感じますね・・・

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2011/5/1221:21:23

厚生年金はかケソンですやめて、個人でためたほうがいいとおもいます、しんだらなにもくれませんからね。

fji********さん

2011/5/1221:03:25

個人的にいわせてもらえば年金は期待しないほうがいいとおもいますし、現状廃止したほうがぶなんと思われます。負担はふくらみますが個人でしっかりと確実視できる個人的なものも構築されたほうが無難ではないでしょうか?正確ではないですが、共済なら月20(公務員)万、厚生なら6万(民間)らしいですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる