ステムベアリングの事聞きます。 テーパーベアリングの長所と短所 純正ボールベアリングの長所と短所を教えて欲しいです。

ステムベアリングの事聞きます。 テーパーベアリングの長所と短所 純正ボールベアリングの長所と短所を教えて欲しいです。 ボールベアリングは点で、テーパーベアリングは面で受ける、それだけの違いなんでしょうか? 乗り心地も変わるなら、その説明もしてください。

カスタマイズ7,567閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

乗り心地なんて変わらん。 テーパーローラーの方が耐荷重が高い、動きがやや重い、組み付け精度がシビア。 ボールベアリングといっても、以前の鋼球とレースが別部品の物と、現在主流の一式がセットの物(いわゆるアンギュラ)は異なる。 このアンギュラ、テーパーローラーの寸法に合わせて作られた特殊規格で、耐荷重も高められている。 鋼球が大きく、レースの当たる角度も違う。 脱着の難易度がテーパーローラー並なのが難点。 >ステム部分がテーパー主流になってきて いつの話や。 80年代中期? >ボールベアリングのほうが 小トルクですぐに動きが渋くなる 逆なのでモトクロッサーや重量車を除いてアンギュラが主流になりました。 技術的常識が80年代から更新されない人々が盲目的にテーパーを有り難がるが、既に時代遅れ。 原付はほとんど以前のバラ球のままだが、鋼球が保持器で一体化されている。 これはいわゆるアンギュラとはいわない。 (本当はアンギュラて荷重の向きの事だが)

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

ベアリングメーカーのカタログ耐荷重の 違いが大きく テーパーベアリングのほうが耐荷重が 大きいです。 ボールベアリングのほうが荷重に弱いです。 ステム部分がテーパー主流になってきて いるのは ステムのセンターシャフトの ロックナットを締め付ける際、ボールベアリングの ほうが 小トルクですぐに動きが渋くなるからです。 ニードル形状のテーパーベアリングであれば 多少トルクをかけて締め付けても ハンドルが 極端に重くなることがありません。 ステアリングのロックナットの締め付けトルク管理は ハンドルの重さに直結し、管理がデリケートな割には 比較的 ベアリングとベアリングケースのクリアランス が大きく おおざっぱな構造をした部分なので、 テーパーベアリングのような締め付けトルクを 分散する形の軸受けのほうが、緩みの無い ハンドリングの軽さを出しやすいのかと思います。

0

ボルーベアリングは、転がり抵抗が、少なく、高回転で回る、部分に、よく使われます、 欠点は、重い加重の掛かる部分に、使用すると、 点で支えてるのでボルーが変形したり変摩耗して、ボルーが脱落して破損して、しまいます テーパーベアリングは、ボルーベアリングの逆で、面で支えてますから転がり抵抗が大きい為 あまり高回転では回る部分には使用されません、 回転抵抗や回転音の原因になる為です ですが、比較的に加重には強く 力の掛かる回転 部分に、使用されてます どのベアリングも 水分、砂、鉄粉、異物には、とても弱いですから キズや、サビは 振動、異音、破損の原因に、なりますからね