ここから本文です

部屋でアロマディフューザーを使ってリラックスしたり、集中したりしたいです。あ...

noriko450820jpさん

2011/5/1323:07:03

部屋でアロマディフューザーを使ってリラックスしたり、集中したりしたいです。あとぐっすり眠れるアロマも試してみたいです。

そのような効果があるアロマを教えてください。
あと子供(3歳の女の子と8歳の男の子)がいて、一緒にその部屋にいても大丈夫でしょうか?
だめなら自分だけ楽しみたいと思いますが、たまにそういう部屋に子供が入ってきても大丈夫でしょうか?
アドバイスお願いいたします。

閲覧数:
790
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/5/1421:15:46

リラックスであれば、鎮静作用があると言われるもの、
例えば、サンダルウッド、ゼラニウム、ネロリ、プチグレン、フランキンセンス、ラベンダー、マージョラム、カモミール・ローマン、パチュリ、オレンジ等の柑橘系、ミルラ、ローズ、ローズウッド などですね。

鎮静作用はリラックス作用、また、安眠(催眠)作用に繋がるので、ぐっすり眠れるアロマ(精油)も同じに考えてOKです。
ただ、例えば、ラベンダーは安眠に良いと言われますが、逆に濃度が濃いと眠れなくなりますので、濃度には注意してください。
手軽に使うのであれば、ティッシュに精油を2~3滴たらし、枕元に置いておくのもおすすめです。(火を使わないので安心です。)

おすすめの精油の中で、ブレンドしてもいいですね。また、香りの好みは人それぞれですので、且つ質問者様の好みのものを選ばれると良いでしょう。

集中におすすめなのは、
レモングラス、ティートリー、ユーカリ(お子様がいらっしゃるとのことなので、グロブルス種よりも、作用が穏やかなラディアタ種をおすすめします。)ブラックペッパー、サイプレス、カルダモン などですね。

お子様と一緒に楽しむ場合は、芳香浴(ディフューザー等で香りを空気に拡散させて楽しむ方法)のみにとどめ、濃度も部屋の広さにもよりますが、大人の半分(大人は5滴以内なので、子供はその半分以下の量)以下の量と薄めにすることに気を付ければ大丈夫です。

それよりも、精油の誤飲事故にはくれぐれも注意してください。
精油成分には毒性を持つものもあり、植物から抽出されたものではありますが、非常に高濃度であり、安心・安全ではありません。
使い方を間違えるとマイナスな作用が出る場合もあり、海外では、精油を飲用したことによる死亡例も起きています。
特に、子どもは体が小さいので、大人では大丈夫な量でも、子供では致死量になる場合もあります。

「舐める」というよりも、子供は「飲んで」しまうので、使用後はフタをしっかりと閉め、高温多湿を避け子供の手の届かない冷暗所に保管してください。


芳香浴中で子供が部屋に入ってきても、大丈夫です。(芳香浴でも、呼吸により取り込んだ精油成分は、殆どがまた吐いた息で出て行ってしまうので、体内に入る成分量も多くはありません。)

正しい知識を持ち、安全に使えば大丈夫ですよ。

よろしければ参考にしてくださいね。

質問した人からのコメント

2011/5/16 21:45:25

降参 すっごく参考になりました。ありがとうございました!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。