ここから本文です

性同一性障害、トランスジェンダーなどで、一人称を変えたり異性装をしたりひどい...

mir********さん

2011/5/1500:18:19

性同一性障害、トランスジェンダーなどで、一人称を変えたり異性装をしたりひどい場合は手術をしたりして性転換することには、何のメリットがありますか?

男として生まれたならば男として生き、女として生まれたならば女として生きる。
どうしてそれができないのでしょうか。
ごく稀に、体自体が男でも女でもない場合があるそうです。
そういう場合は男になるか女になるかで社会に適合します。
戸籍登録の性別には男か女かしかないので。
しかし健常な男や女として生まれても、心の性別が違うなどで性転換してしまう場合のほうが多いのです。
性転換しても本物の男や女になることはできません。
それなのになぜ彼らは自分の性を受け入れることができないのでしょうか。
なぜ彼らは生まれ持った価値に気づけないのでしょうか。

補足ここについた回答を見て性同一性障害は体も心も最初から本物の男でも女でもないと思いました。
普通なら性別相応の誇りを持っているはず。
体も心も女で成長過程で男化してきたら見た目が悪いので治療します。
MtFの人も男でないし心は女なので治療するのかと思いました。
FtMでも同じだと思います。
最初から性別がないのでは手術などで自分らしく幸せになれるならしても良いと思いました。

閲覧数:
1,330
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

編集あり2011/5/1620:41:09

性同一性障害当事者です。MtFです。

あなたの言う生まれもった価値という意味が抽象的でわかりません。どれだけの価値があるというのでしょうか?

体の性別と心の性別の不一致に悩み、生活にも影響するなら、心身に影響を及ぼすとはいえ、ホルモンや手術はやってもかまわないです。ホルモンの副作用や手術による心身へのダメージのケアをしていかないといけないため、その点において、私は必要悪と見ています。

補足も含めた質問全般について

あなたは、社会制度的な性別(ジェンダー)と生物学的な性別とのズレすらわからず、それらを混同して混乱しているようです。
本物の女と本物の男などありません。

さらに、あなた自身、プロフィールなどを見ると、前世やカルマなどを云々していますが、何の目的でこの世に生まれてきたのかもわかっていないようです。今の社会は、男・女の2分法だけで性別の枠をつくっています。男性はスカートをはいてはいけないとか、職場では背広を着てネクタイを締めなければならないとか、女性は安い給料でいいとしたり、女性が結婚したら正社員としての就職を断られたりするも、そうしたものです。それは生物学的な性や精神的な性から見ても根拠はなく、誤りです。

あなた自身の前世を知ることが先です。私自身も昨年の12月25日に霊媒師に鑑定をしていただきました。
私は霊的本能が女性のため、肉体の性と精神の性が一致せず、そこに違和感やストレスを感じていたのでした。
実質は女性そのものです。

その他、ルドルフシュタイナーの「人智学」も目を通しておくことをお勧めします。精神世界では心の性と体の性が一致しない人が生まれることは当たり前で、障害というほうがおかしいくらいです。その意味で手術なしでも戸籍の性が変更ができるように法を改正することが必要と私は考えています

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

xil********さん

2011/5/1904:21:20

あなたは理解していないことがあります。それは、女性は、自分の体か女性だから自分を女性と認識しているのではない、体が男性だから自分を男性と認識しているのではないということです。脳が女性だから自分を女性と認識し、脳が男性だから自分を男性と認識するのです。そこのところをまず頭に叩き込んでください。つまり、たまに体の性が脳の性に一致していないからといって、自分の脳を変えることは不可能なのです。あなたが女性であるとして、男性と思えと言われて思えますか?思えないのは、体が女性だからではなく、脳が女性だからです。だから、一人称を変えているのでもなければ異性装をしているのでもないのです。他人であるあなたが勝手に人を見かけで判断しているに過ぎないのです。メリットの問題ではありません。自分の性を守りたいという話に過ぎません。上記のことを理解した上で、相手の立場に立って物を言ってください。

cot********さん

2011/5/1823:47:15

肉体は年を重ねるごとに廃れていきます。心は年を重ねるごとに強く大きくなっていきます。

肉体には期限があります。形あるものは、いずれも例外なく寿命をむかえます。いずれは終わりを迎えるのが肉体です。

私は心、気持ち優先です。心意気や想いは死んでも誰かの心に生き続けますから。そう信じています。

C625さん

編集あり2011/5/1619:51:08

残念ながら、社会で適応して「男」「女」として生きるというのは、生まれ持った性を受け入れていることにはなりません。受け入れているのは「社会からの圧力」に過ぎないことをわかって下さい。

社会には人を苦しめる規範があちらこちらにあります。男はスカートはくな、女は安い給料で我慢しろ、などなど。確かに多くの人は我慢して、社会に適応できているのでしょう。しかし、適応できない人がいたとして、その人の適応能力のなさを責められますか?たまたま法的に男だったからと言って、その理由だけで、一度もスカートをはくことさえできないまま一生を終えるんですか?それこそ馬鹿らしいと思いますね。「一生我慢して何のメリットがあるんだ」と言いたくなってしまいます。私はむしろ、人を意図的に苦しめる社会に何の疑問も持たず適応することのほうが首をかしげたくなりますね。

最後に忠告しておきますが、生まれながらにして男/女(心の性)であることに誇りを持っている人もいるようです。
「普通なら性別相応の誇りを持っているはず。体も心も女で成長過程で男化してきたら見た目が悪いので治療します。」と書かれていますが「体も」を除き、これとほとんど同じ感覚だと思いますよ。

moo********さん

2011/5/1601:17:31

あなた、周りから嫌われてない?性同一性障害がどうのこうのより、あなたの痛々しさが気になりました。自分から変わらないと世の中変わらないよ。頑張って下さい。

チエさん

編集あり2011/5/1905:54:21

>性転換しても本物の男や女になることはできません。


miracleplanetsさん

おっしゃる通りです。

>それなのになぜ彼らは自分の性を受け入れることができないのでしょうか。

受け入れられない障害なのです。受け入れられたら障害でも病気でもありません。

>なぜ彼らは生まれ持った価値に気づけないのでしょうか。

気づいたからこそ、本来の性で生活したいがために治療をするのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる