ここから本文です

ロンドンのブラックフライア・ブリッジという橋は、自殺の名所だったが色を黒から...

man********さん

2011/5/1820:44:17

ロンドンのブラックフライア・ブリッジという橋は、自殺の名所だったが色を黒から緑へ変える事によって自殺者が1/3ほどにまで減ったという話を聞きました。
気になって調べてみた所、wikipedia

のBlackfriars Bridgeの項目には自殺だと思われていたが後に他殺であった事例の事は書いてありましたが、自殺者が減ったというような記述は無く、しかも色は赤でした。
この情報は嘘だったのでしょうか?もしそうなら何処からこんな嘘が出たのでしょうか?どなたか教えて下さい><

閲覧数:
2,273
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pri********さん

2011/5/2120:24:08

その元情報の文章を読めば疑問は解決します。
自殺者が3分の1に減ったという、その元の文章を発見しました。正しくは、
こう書かれています。
During the Middle Ages, Blackfriars Bridge in London, a gloomy
black structure, was noted for its record number of suicides
until the bridge was painted bright green.

お分かりになりましたでしょうか。
「During the Middle Ages」です。中世です。近代でも現代でもありません。
現存する橋は18世紀に最初に立てられたはずですので、場所は同じなのかも
しれませんが、中世ですので今は存在しないものです。まあ、この文章自体が
そもそも正しいことを書いているのかどうかも不明ですが。

尚、この文章は下記に書かれています(pdfファイルです)。
http://www.ca.uky.edu/HES/fcs/FACTSHTS/HF-LRA.151.PDF

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる