ここから本文です

江戸時代までは、なぜ衆道と呼ばれる男同士の性交が盛んだったんでしょうか? ...

yosshii_fanさん

2011/5/2601:58:55

江戸時代までは、なぜ衆道と呼ばれる男同士の性交が盛んだったんでしょうか?

前田利家も信長の相手をしていたし。

女とすることも可能だったはずですよね。

江戸時代には、少年が男の相手をする店まであったようですし。

現代の感覚からしたら、全く理解できないのですが。

閲覧数:
32,768
回答数:
5
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

syakasaburouさん

2011/5/2623:34:25

まず「男尊女卑」の考えが根底にあります。

当時の武士の社会においては、女性は「子どもを産むための道具」、あるいは単なる「性のはけ口」でした。
結婚も本人の意思より「家同士の繋がり」が重視されました。
女性は「守るべきもの」とい意識もありましたが、裏を返せば男性よりも一段下の存在ということです。

「子どもを産むこと」や「家同士の関係」といった打算とは無縁に、男が「対等に心を通わせる相手」は男しかいなかったということで、そういう意味では男色こそまさに「自由恋愛」だったのです。
江戸時代には大名同士の恋愛もありました。

もちろん男色には
●性処理
という意味もありましたが、武士には「家の存続」という重要な役割もありますから、純粋なホモセクシャルは許されず、バイセクシャル(両刀)だったということです。
他にも
●勇猛な武士と交わることで自分も勇猛になれる
といった「信仰」もありましたし、
●出世の近道となった
という意味では打算もありました。

上司側の「戦略」としては
●肉体関係を結ぶことで、決して裏切らない従順な部下に仕立てる
という意味もありました。
現代のヤクザの世界にも同様に、兄貴が舎弟のオカマを掘って「従順な兵隊」に仕立てる~といったこともあるとかないとか…。

質問した人からのコメント

2011/5/27 18:43:50

皆様回答ありがとうございました。
武家社会ならではのいろんな時代背景があったんですね。

「衆道とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hokkesaburoさん

2011/5/2603:51:40

古来より女子は生理で血を流す為、不浄で有ると考えられていたので戦場で血が流れる事は、負けを意味するので連れては行けない事に為っていました。
其の為、武将の身の回りの世話をする為に小姓が居た訳です。
身の回りの世話をして貰う内に親近感が湧き劣情に及んだのが衆道の始まりですね。
戦国時代が終っても其の名残が続き、江戸の大名屋敷には小姓部屋が有り他の家臣と一切接触が無い様な造りに為っていました。
其の風習が庶民にも広がり陰間茶屋等で衆道が行われていました。幕府からは、衆道の禁止令が度々出されましたが結局江戸時代が終るまで続いた様です。
陰間茶屋の主な客は、坊主、武家の女中、男色家で歌舞伎役者の女形を目指す少年等が相手をしていた様です。
明治を境に日本の感覚が全く変わってしまったので丸で別の国の様な感覚が有りますが、切っ掛けは縁起を担いだ風習から始まった事の様です。
然し、安土桃山時代から江戸時代にかけて君主に目を掛けて貰う事は立身出世の為には一番近道な方法だったようです。
柳生但馬守宗矩の次男が三代将軍徳川家光(男好き)の小姓で、宗矩が江戸城中で他の大名に「我が先代は鑓働きで二万石を得たが、尻の穴一つで四万石とは世も末じゃのぅ」と揶揄され次男を暗殺したと云う話が有ります。
荒木又衛門の鍵屋の辻での敵討ちも衆道が原因ですし。
当時の武家は、戦を忘れない風習で有り、坊主は戒律に因る禁欲のはけ口対象として衆道は流行っていたようですね。
やっぱり男の気持ちの良い所は、男が知っている事も拍車をかける要因かも知れませんね。

2011/5/2602:13:02

「戦場における女性の代替物」としてだけではなく、平時にもそういう関係はありました
平安期などには、権力継承の儀式の一環であったとも言われます
性についての感覚は、時間についてのそれ同様、近代で最も大きく変わったもののひとつです
近世以前の人からすれば、現代人の方が「理解できない」となるのでしょうね

iganostarさん

2011/5/2602:08:11

戦国時代の多くの武将は二刀流だったそうです。
それだけ性欲が強かったのでしょう。
日々死と隣り合わせの緊張した生活を送っていたのですから、常に興奮状態だったのでしょう。

女性には女性の良い所があり、男性には男性の良い所があるのでしょう。
女性のどろどろした性欲に嫌気が差したこともあったのでしょう。

2011/5/2602:03:02

戦に女は連れて行けないため。
殿様の後ろの美男子はそのための存在
でもそれができること自体かなりのステータスだったらしい

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。