江戸時代の勉強で、商品作物という言葉があります。この意味を「経済への商品化をする作物のこと」って、覚えてるんですけど、何か変な気がします。他に、意味の説明ありませんか?(日本語めち

江戸時代の勉強で、商品作物という言葉があります。この意味を「経済への商品化をする作物のこと」って、覚えてるんですけど、何か変な気がします。他に、意味の説明ありませんか?(日本語めち ゃくちゃですみません。

日本史626閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

基本的には自家消費を目的として作る作物ではなく、市場に出して換金することを目的として、作付けされた作物を商品作物といいます。 養蚕が盛んな地域では蚕のえさになる桑が、製糸業が盛んな地域では原料となる楮が重要な商品作物になると理解すればいいと思います。 平たく言えば、食うためよりも、金もうけのためにつくる作物と理解していいと思います。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても理解出来ました!ありがとうございます

お礼日時:2011/5/27 6:49

その他の回答(1件)

0

食品としての作物ではなく、油や染料など工業製品の原材料として売る作物…と考えれば不自然ではないと思うのですが…。