ここから本文です

ジブリの千と千尋でわからないところがあります! 1 ハクはどんな...

gak********さん

2011/5/2911:11:36

ジブリの千と千尋でわからないところがあります!




1 ハクはどんな気持ちで魔法使いになったんでしょうか…
なぜ魔法使い??
別に油屋で千尋のように働くのはなかったのかな…と思いまして…

人間の手によって居場所を失いましたが、
人間に居場所を取られない…というか…支配されないようにと言いますか…
ただ埋められることしかできなかった??(埋められるのに何もできなかった??かな?)から悔しくてもう見てることしかできないのは嫌だから(ハクが埋められるとき何もできなかったかはわかりませんが…)なんでもできる魔法使いになったんでしょうか???


本当のことはわからないのはわかるんですが他の人の意見が聞きたくて質問しました!



2 普通見たらわかるだろ。ってことでしたらすみません!!
なぜ湯婆婆ではなく銭婆がハクが始末されようとしてるシーンで湯バード??と坊が小さい鳥とネズミにされましたが
そのあと千はカオナシや湯婆婆のいるもとにいきますがカオナシがいる畳の部屋に入る前湯婆婆と少し話しますが(このままじゃ大損だの時)「何だいその薄汚いネズミは」と湯婆婆が言って千が「ご存知ありませんか」って何故千はそんなこと言ったんでしょうか??

確か銭婆が透けて初めて千と喋るとき「双子の姉さ」って言ったはずなんに…
千は湯婆婆が変えたのではなく銭婆だって知ってるはずなんになぜあんな発言を…??

あと、銭婆に変えられたとき代わりに頭(カシラ)が坊になりましたがあれは頭自分達でなったのではなく銭婆に変えられてましたか??
小さい頃はずっと自分から坊になってると思ってて最近銭婆が変えたのか…!?と思い始めて…笑




まとまってない、読みにくい文ですみません…

こんなんでも答えてもらえたらありがたいです!!

閲覧数:
20,694
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eri********さん

2011/6/220:12:14

1ハクが魔法使いになりたいと思った理由は、難しい問題です。
実際、正しい答えはその人の想像にお任せします!というところではないかと…
私の考えは以下の通りです。
ハクは神として住んでいた川を人間に埋め立てられてしまい、居場所がなくなります。そこで、あの世界に行きます。ご存じのとおり、あの世界では仕事を持たないものはみんな動物に変えられてしまいます。居場所を失ったハクはもはや、客人としての神ではなくなっています。そのため、仕事を持たないと、湯婆婆に動物にされてしまいます。
釜じいの話にあるように、ハクは釜じいがとめても「魔法使いになる。」といって、湯婆婆の弟子になったそうです。
しかしハクはどうして、ナメクジ女やカエル男たちと同じような、下働きにつかずに魔法使いをえらんだのか。それはたぶん、魔法が使えるようになりたいからではなくて、千尋がこの世界にやってきてしまうことを予期していたからなのではないでしょうか。
千尋が川でおぼれたとき、ハクが千尋を助けた時から、二人があの世界で再び出会う運命が仕組まれていたのです。
ハクは、神なのでそのことを悟り、もし千尋がこの世界にやってきても湯婆婆からうまく逃がしてあげられるように、となるべく地位が高く湯婆婆と関係が近い職に就きたかったのです。
案の定、千尋はこの世界にやってきます。橋の上で出会ったとき、ハクが驚いていたのは、「ついに、やってきてしまったか!!」という驚きで、なるべく湯婆婆と関わらないうちに逃がしてあげようとしてあげます(失敗しますが)。
この出会いは、ハクと千尋の運命だったのです。
そして、最後のシーンで
「またいつか会える?」
と千尋がハクに訪ねたとき、
「うん、きっと。」
とハクが答えるのは、ただ単に千尋をがっかりさせないためではなく、またハクは千尋と会えることを知っていたのではないでしょうか。


2千尋は、まだ直接銭婆に会ったわけではないので、湯婆婆にそっくりな銭婆がいることを信じきれていなかったのでは?
湯婆婆は、両親をブタに変えたことなどから千尋にとって悪いイメージがあり、銭婆もハクを殺そうとしていたわけだから、どっちにしろ二人ともあの時点での千尋にとっては、「悪い人」だったのではないでしょうか。
また、千尋はどうしてハクがおそわれているのか銭婆の説明を聞いてもいまいち理解していなかったと思います。ハクを傷つけられて、怒っていたでしょうし、湯婆婆(だと思っているが、実は銭婆)が愛している坊をネズミにかえてしまい、混乱していたのだと思います。
銭婆は坊をネズミにした代わりに、頭を坊に変えました。だから、頭は自分から進んで坊の姿になったわけではありません。
その後、カオナシがいる畳の部屋で、千尋は湯婆婆と話します。最初に述べたように、双子だということを信じきれてなかった、あるいは、双子の姉がかけた呪いだから、湯婆婆には見抜けると思っていたことから、「ご存じありませんか?」と聞いたのだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

an_********さん

2011/5/2912:16:10

たしかハクは、千尋と同じように、本当の名前を封じられていた
ように、記憶しています。湯婆婆に。

自分の住み場所である、川を奪われ、人間に対する
怒りなどのマイナスな気持ちを、湯婆婆につけこまれたのではないでしょうか?

そして、名前をとられて、竜神(?)だったことを忘れて、湯婆婆の手下に
甘んじていたんではないかなあ。。

2についてです。。
湯婆婆は、坊のことを溺愛していました。
ところが、姿が変わってしまった坊の事は、気づくどころか
ののしっています。
千尋が、言いたかったのは、
「この薄汚いネズミ、あなたの可愛がっていた、坊です」
ってことなんじゃないかなあ。。。と、勝手に想像しています。

千尋は、変えられるところを見ていたとはいえ、坊がネズミだろうが、暴れん坊だろうが、
坊は、坊。
両親も、例え豚さんになっても、お父さんとお母さん。

それって、外見を気にする人には、どきり、とします。。
中身が変わっていないのにね。

最後に、頭。
魔法、直接かかったわけでは、ない。。と記憶しています。

もう一度、千と千尋、見たくなりました。笑
うろ覚えで、ごめんなさい。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる