ここから本文です

塩基度についての質問です。 1.スラグの塩基度とは何か。 2.塩基度は実...

my8********さん

2011/5/3013:10:58

塩基度についての質問です。

1.スラグの塩基度とは何か。

2.塩基度は実際の熔鉱炉操業では常時スラグの塩基度を調べ管理しているが、 どの位の数値で行われているか。

3.このスラグの塩基度の数値が重要なのはどうしてか

回答よろしくお願いします。

閲覧数:
20,603
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

boy********さん

2011/5/3015:38:26

1.塩基度とは?

高炉スラグをセメントに用いるときの反応性を推定するのに用いる。
最も基本的なものはCaO/SiO2(重量比)であるが、セメント用高炉
スラグの反応性はCaO、Al2O3、MgOが増加するとともに高くなるので、
JIS、DINではCaO+MgO+Al2O3/SiO2が採用されている。

(他のサイトより)

塩基度(basicity)

化学では酸の1分子中に含まれるH+になり得るHの数を酸の塩基度という。
しかし,鉄鋼の操業では,鋼滓の機能を表す尺度として塩基度が便宜的に
用いられている。

塩基度= 全塩基性鋼滓成分の重量%の和÷全酸性鋼滓成分の重量%の和

しかし,塩基度=CaO(%) / SiO2(%)が簡易的に広く使用されており,
通常高炉スラグは塩基度1.2-1.25,焼結鉱の塩基度は1.6~1.7程度で
操業されている。

CaOとSiO2の間には、CaO/SiO2比の異なるいくつかの化合物が存在し、
それぞれの溶融温度や存在するCaO/SiO2比の領域が示されています。
ご質問の「溶融スラグの塩基度」は、 アルカリ性の度合いをさしているのでは
なく、スラグの生成(溶融)条件を決めるための指標とお考えください。

質問した人からのコメント

2011/5/31 17:02:27

ありがとうございます。
わかりやすいです(^_^)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる