なぜ、クーリングオフは消費者契約の解決に頻繁に用いられているんですか?どんな解決法をしているんですか?

なぜ、クーリングオフは消費者契約の解決に頻繁に用いられているんですか?どんな解決法をしているんですか? また、クーリングオフができないとき、どのような法律の適用を考えれば良いですか?

消費者問題343閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

クーリングオフ制度とは、特定の取引形態・商品、役務などの契約において一定期間内であれば無条件で解約できる強力な制度です。 クーリング・オフ制度とは?〔名古屋市消費生活センター〕 http://www.seikatsu.city.nagoya.jp/soudan/pickup/soudan_cool.html クーリング・オフ 一覧〔堺市立消費生活センター〕 http://www.city.sakai.lg.jp/city/info/_syouhi/kurasi20_06.html#itiran 元々、消費者にとってある程度身近で、事業者との情報差によって不利益を受けやすい契約に対して導入されている事や、解約料などの負担も無く一方的に解約できる手っ取り早さから頻繁に用いられています。 ns27_7さんへ ×内容証明などの文書を相手方に送って、無条件で契約解除をすることをクーリングオフといいます。 ○クーリングオフ制度が適用される取引なら、内容証明などの文書を相手方に送って無条件で契約解除をする事が可能です。 「無条件で契約解除をすること」の全てがクーリングオフになる訳ではありませんから、「クーリングオフといいます。」といった説明は的外れです。

その他の回答(1件)

0

内容証明などの文書を相手方に送って、無条件で契約解除をすることをクーリングオフといいます。 事業者から受け取ってないと言われても発送したという証拠が残りますし、費用もさほどかからないというのが理由と思います。 クーリングオフができる期間を経過した場合は、消費者契約法などを根拠に契約を取り消すことができる場合があります。 また、特定継続的役務の提供の場合、一定の金額を支払って中途解約することもできます。