ここから本文です

原発が危ないって事は今回の事故でよく分かりましたね。 ですが、次世代のエネル...

かたこりーマスターさん

2011/6/1118:57:02

原発が危ないって事は今回の事故でよく分かりましたね。
ですが、次世代のエネルギー、自然エネルギーに代替していくには時間がかかりますよね。

それまでの間は危なくても、ある程度原発を使っていくしかないんでしょうか?

閲覧数:
48
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2011/6/1120:16:09

無いものねだりは無理です・・・・・・・・・

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

imo********さん

2011/6/1418:03:17

ただでさえゴミ処理場のような迷惑施設に対する世間の目は厳しい。

今回のような事故が起こらなくても放射線廃棄物の問題があり、何万年もの間強い放射能を保管する技術がこの先開発できるとは到底思えない。そうすると、それらの放射性廃棄物はいずれ地中から吹き出してくるわけです。

そうだとすると、今後原発の新設は殆ど無理なのではないでしょうか。原発か脱原発かを政治判断するまでもなく、現役の原発の耐用年数(40~60年)を過ぎると、原発に依存する割合は急激に減ると思いますよ。

しかしすぐに原発停止ということはできないので、いまある原発は使っていかざるを得ないのは確かです。政治家や技術者の立場としては、40~60年間は原発を使っていかざるを得ないではなく、次のエネルギー源を見つけるための期間がたった40~60年しかないと考えるべきですね。

私の考えでは、自然エネルギーは、地熱や潮力エネルギーを除いて発電量が不安定という欠点があり、これはどんなに技術が進歩しても変えられない。大規模な蓄電技術が開発できればいいのですが、都市の消費電力をまかなうほど大規模なものが開発できるかどうかは全く未知数です。私の考えでは、それよりも火力発電のCO2を減らす技術を考えた方がいいと思います。火力発電所から放出されるガスを全部集めてCO2を回収するのであれば、既存の技術の延長でできるでしょう。少なくとも放射性物質を百年単位・千年単位で保管することに比べればはるかに易しい。

まず火力発電を改善し、可能な限り自然エネルギーの実用化を図るというのが現実的だと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる