ここから本文です

海水魚のろ過について質問します。 60×45×45水槽で海水魚を飼育しています...

zut********さん

2011/6/1807:36:11

海水魚のろ過について質問します。
60×45×45水槽で海水魚を飼育しています。
ハタゴイソギンチャクを先日購入したので外部フィルターを追加したところ調子が悪くなりました。
何か問題があったのか教えてください

以前はエーハイム2215に2233をサブフィルターとして接続していました。
ハタゴイソギンチャク購入後三週間ほどしてエーハイム2073を追加して単独で回しています。
2073を追加するまではメタハラが点灯すれば40cmぐらい広がりすごく元気でしたが、フィルター追加直後から急に縮んだままとなり一週間ほどで☆になりました。
強い水流を嫌うのでそれが原因かと思いフィルター追加二日目にオーバーフロパイプを二本に分岐し水流を弱め、ハダゴイソギンチャクが軽くなびくようにしたのですが調子は戻りませんでした。
水温もクーラーを使用しているので26℃ぐらいで保たれています。
水質も昨夜測定したところPH8.2で亜硝酸・硝酸ともにほぼ0です。
ハタゴイソギンチャクが☆になってから他に飼育しているクィーンエンゼルも反応が鈍くなり調子を崩しているようです。
2073を追加するまでは凄く水槽の状態はよかったのですが・・・
2073を追加した事が原因でしょうか?
2073にはろ材として下からサブストラットプロレギュラー→バイオメック→粗めサンゴ砂を使用しています。
海水魚飼育に詳しい方、何か問題があれば教えてください。

排水ホースを分岐するのにエンビパイプに真鍮のホースニップルを使用した事も気になっています。
真鍮の金属成分が溶け出して影響を与えているのかとも考えています。

あわせて御回答のほどよろしくお願い致します。

閲覧数:
506
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uye********さん

2011/6/1818:04:44

追加による問題は見当たりませんよ~文面の限りではですけど

問題はやはりホースニップルですかね
真鍮は確かに対塩性には金属としては優れてますが・・・アクア用品の物でない場合『真鍮腐食剤』が塗装されている場合があります

また、亜鉛の配合割合が30%を超える場合は腐食に伴い溶出する可能性は高いです
水槽内で腐食に関しては電気伝導度や水温、溶存酸素濃度、遊離炭素などの要因はありますが・・・
ニップルの色が黄金色(亜鉛含有量40%前後)の場合は、亜鉛の含有量が多いので可能性として亜鉛溶出も考えられます
5円玉で30~40%くらいだそうです
赤みを帯びている場合は含有量は明らかに30%未満のα黄銅の可能性が高く、ソレに伴い銅の含有率がそれだけ高くなります
どちらにせよ真鍮はあまり無脊椎飼育には向いてなさそうですね^^;




特に上記のニップルにも問題が無ければ、何かしらが原因で既にハタゴが弱っていた可能性も考えられます
2273追加する以前に口をだらしなく開きヘタッてしまったり、口はあまり開いてなくても触手がヒラヒラに萎れていたとか、褶曲せずに浅めのお椀をひっくり返した様な形状になったとか一度でも有れば、こちらの方が可能性として高くなると思います

質問した人からのコメント

2011/6/19 08:13:33

その後マガキ貝やイバラカンザシと無脊椎は全滅しました。やはり真鍮のニップルが原因だったように思います。回答ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる