ここから本文です

北欧ではなぜメタルが盛んになったのでしょうか?

torukawashiさん

2011/7/110:14:16

北欧ではなぜメタルが盛んになったのでしょうか?

閲覧数:
2,388
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

metalin0815さん

2011/7/122:30:02

なんか寒いから
髪が長いと暖かいし
メタルを演奏してると暖かくなるから
厳しい風土で性格的にも根暗になってしまって
暗い音楽を好むようになってしまうため
ふざけてる回答に見えるが、結構良いとこついてるんじゃねぇかなと思ってたりして・・・・

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/7/611:33:25

北欧って70年代後半までロック不毛の地でね。イギリス、アメリカ、ドイツなど他の国から大きく後れを取っていた。
で、北欧に初めて来たバンドが、プリースト、パープル、メイデン、サバスなどイギリスのメタル・バンドだった。
即ち、北欧でロックよりも最初に国民レベルで認識されたのがメタルだった。
どれが盛んになった理由。

アバター

ID非公開さん

2011/7/301:46:34

ひとつに環境が整ってることがありますね。

「ハードロック」ではなく「メタル」が盛んなのは
優秀なドラムが多いからだと思います。

日本のような人口密集国では、思い切りドラムを叩いて練習できる住宅環境があまりありません。近所迷惑になりますからね。ずいぶん場所が限られてきます。
これは少なからず日本に音にパワーのあるドラマーが、
少ない原因のひとつになってると思います。

ところが海外では、TVでもよくききます、「お隣さんが○○メートル先」
な環境のおかげで思い切り練習ができます。ガレージなんかもありますからね。
さらに北欧では寒い環境のおかげで、
耐寒の家で壁は厚いし、雪が音を吸収して騒音迷惑にならない、
もうメタルドラマーを生み出す最高の環境が整ってます。

nine_inch_09さん

2011/7/113:38:12

様式美とか伝統みたいなものを大切にされているからではないかと思います!

ドイツなんかではいわゆるクサい(ベタなんですけどカッコイイ!)メロディーのメタルバンドがたくさんいらっしゃいますよ。

ほかにも、オランダではゴシックメタル、フィンランドではヴァイキングメタルなどなど、ご当地メタルってカンジのその国に深く関わったカタチでメタルのジャンルが当てはまっている事が多いですよ。

2011/7/111:59:23

クラッシックの土壌がメタルの構成感覚と使う音階に合ってる。ブルース音楽の影響を歴史的にほとんど受けていないこともあると思う。物語性や神秘主義的な精神文化も重厚なメタルの様式美と合致している。

もともとブルースロックから発展したハードロックが白人ミュージシャンの感性によって黒人的要素を抜いていって代わりにクラッシックの技法や白人独特の感性を盛り込んで発展してきたのがメタルの分野。 イギリス→ドイツ→北欧 と伝播していくうちにより純化したようなメタルになっているとも思える。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。