ここから本文です

小泉総理の靖国参拝で違憲判決が高裁で出ましたが、これをわからないと言ってる本...

アバター

ID非公開さん

2005/10/2023:15:50

小泉総理の靖国参拝で違憲判決が高裁で出ましたが、これをわからないと言ってる本人は何がわからないんでしょうか?

閲覧数:
85
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2005/10/2019:40:44

-----日本語がわからないのでしょう。------------------------------------

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2005/10/2108:38:28

大阪高裁判決の後
昇殿・記帳せず
玉ぐし料・献花料を払わず
おさい銭だけにするというやり方に
改めたところからみると

違憲だと言われて
少しは懲りたのでしょう。

アバター

ID非公開さん

2005/10/2108:18:09

信教の自由があるのだから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

アバター

ID非公開さん

編集あり2005/10/2102:27:16

『違憲』だと書いてあるのは、傍論だから。

傍論は、判決と区別するため【判断】と呼ぶのは法律用語上の決まりになっています。

麻生大臣や安部副幹事長も判決の翌日のインタビューで、『だって、あれ傍論でしょ?』って言ってましたね。判決と傍論とでは、意味と重みが全く違うことは、質問者以外みな知っています。

左翼マスコミは知っているからこそ、全く意味の違うはずの【判決】と【判断】とを故意に混同させようとしているのでしょう。(↑二つ上の人の紹介している記事でもよく読むと【判断】となってますね。)

しかしねー、『判断を示した』と書いてある記事を持って来て、『違憲判決と呼んで何の支障もありません』とは、【読解力のない】のも極まれりだね。

【判断】と【判決】が同じ事を意味するんなら、区別せずに、最初から【違憲判決】が出たと書けばいいんだけだもんね。

アバター

ID非公開さん

編集あり2005/10/2104:10:02

「違憲判決」と「違憲判断」の違いが解らないのですか?

「違憲判決」など出ていません。

精神的苦痛に対する「損害賠償の判決」なら出てます。

国の勝訴です。

「違憲判断」は裁判官の個人的な見解です。

マスコミの典型的な捏造ですね。何故この2つを故意に混同するのか?
違憲かどうかの裁判では無いのです。

↑支障ありますよ。主文でも無い、傍論での話が「判決と同じ効力を持つ」など聞いた事がありません。
下の方も指摘してますが、無理矢理過ぎです。

アバター

ID非公開さん

編集あり2005/10/2023:38:16

理解する能力がないのか、理解しようとする意志がないのか。。


---
小泉純一郎首相の靖国神社参拝は、憲法が「国およびその機関」に禁じた宗教的活動にあたる、との判断を大阪高裁が示した。

(中略)

国内問題として靖国参拝を考える場合に2件の判決で違憲と判断され、4件で違憲の前提になる公的行為と認定された事態は、重く受け止めなければならない。対外問題として見れば、首相の靖国参拝は中国、韓国ばかりでなくアジア諸国との外交の大きなトゲになっている。

小泉首相は靖国参拝について、国内外から注がれる厳しい視線から目をそらしてはならない。「適切に判断する」と繰り返すばかりでなく再考すべきときである。

日本経済新聞社説より
---

↓ちなみに「違憲判決」と呼んで何の支障もありません。
「判決」でないというのは法律に無知な人の勝手な解釈です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる